富山市山室の学習塾 小中高生 少人数制個人別カリキュラム指導で成績アップ
string(4) "post"
茗渓進学会塾長のVOICE&NEWS

月別アーカイブ: 2020年8月

教室移転します!

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
教室移転します!
****************

突然の案内ですが、茗溪進学会が10月1日に教室を移転再オープンいたします。

今の場所や建物を私は気に入っていたのですが、借地権の関係なのでやむを得ません。

実は11年前にテナントを賃借するときから判っていたことなのですが、なにせ当時にすれば遠い将来の話です。

立ち上げに頭がいっぱいで、12年後などどうなっているか深く考えないままの一日一日でした。

ところが光陰矢の如し。気が付いたらその時が来てしまっていたというわけです。

最近はコロナ不況もあって、あちこち“テナント募集”の文字が目立つほど空き物件は多いのですが、地域密着でやっている塾は遠くに行くわけにはいきません。

なるべくご父兄様や生徒らに迷惑をかけずに、サービスが続けられる物件を探しましたが、ちょうどいい場所が空いてました。

急がなくてもまだ時間に余裕はありますが、受験直前にバタバタしたくないので、少し早目に引っ越しさせて頂くことになったという次第です。

場所はスーパーアルビス高原町店の前のビルですから分かりやすいですし、送迎もお買い物ついでできる場所ですからとても便利ではないかと思います。

3階なので上り下りは大変ですが、今の茗溪進学会は「隠れていて存在が分からない」という意見もよく聞きますので、分かりやすいのはプラス面かなと思っております。

建物には大きな縦看板があり、使うかどうかと悩みました。

私は「塾は目立つから選ばれるというものではない。あくまで中身で勝負。」という古くさい思想は一貫しているのですが、折角空いている看板を放っておくのももったいない話です。

イチかバチか使ってみようか。という写真がその看板を掲げた予想図です。

と、いうわけで10月1日には結構目立つ形で移転再オープンとなります。

指導の中身は従来通り全く変わりませんので、これまで通り何卒よろしくお願いいたします。

折角の再オープンですから、特別企画「テレスタディーコース」も設定いたしました。

Withコロナの時代に在宅で塾と同じ勉強ができる仕組みが不可欠だと思って提案したいと思っています。

詳しくは茗溪進学会からのお知らせをご覧ください。

「新しい酒は新しい革袋に盛れ」という諺があります。

新しい考えや内容を表現するには、それに応じた新しい形が必要だということを言います。

移転は何かと経費がかさみ懐は痛いのですが、これを機会に次の新しい展開に期待したい塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

茗溪進学会移転オープン記念企画

中学生対象「テレスタディーコース」受講生受付ます
塾で使用している映像授業を自宅配信し、+スクーリング通塾 or Zoom遠隔指導で完全指導します。
先着10名様に専用タブレット無料進呈!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

レガシーを創ろう

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
レガシーを創ろう
****************

安倍首相の通算在職日数が2,887日となり、佐藤栄作を抜いて最長となりました。

「安倍は大きな実績であるレガシーがない」とか言われます。

レガシーとは「遺産」という意味だそうですが、総理だけではなく「自分にとって何が遺産になるのだろうか」という意識を持つことは大事だと思います。

私は8年にもなる長さこそ総理としてのレガシーだと思います。

実績には「アベノミクス」の経済政策がありますが、トランプ米大統領とはかつてない良好な関係を築いており、不穏な動きをする周辺諸国との安全保障問題では非常に心強いものがあるのは万人が認めるべきところでしょう。

ノーベル賞みたいに目には見えないものですが、私は別の意味でそんな名誉の賞状一枚よりはるかに貴重なものだと思います。

一国の総理がコロコロと変わっていたのでは信用されません。

安定した期間は政治家にとっても企業活動にとっても、信用を得るためには最も重要な要素です。

 

茗溪進学会は今年で創立から足掛け11年になります。

個人で0から始めた事業がこれだけ長く続くとは、正直自分でも思っていませんでした。

昔から「一芸八年、商売十年」と言います。

何事も一人前になるには八年から十年の歳月が必要であり、そこまで頑張って初めて世間は認めてくれるという意味です。

そんな言葉を常に心に刻んでやって来たので、毎日頑張る安倍総理の姿は密かな励みになっていました。

優秀な後継者を育て、後任をゆだねるのも大事な仕事ですし、そろそろ勇退してもいい時期かとも思いますが、安倍総理より5歳も若い私です。

最低あと5年は頑張って“レガシー”を作らなければなりませんね。

問題はどのように毎日を過ごすかということです。

学生みたいに毎日楽しい事だけを追いかけていたり、勤め人はとりあえず出勤すれば給料が貰えるからと漫然と過ごしていたのではレガシーは作れません。

混迷を深める先の見えない時代ではありますが、常に未来の自分に興味を持って貴重な一日一日を大事に過ごしたいと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

小学生 中学生、高校生対象
「自宅オンライン授業(市進ウイングネット)+スクーリング通塾 or Zoom遠隔指導」コース
2学期から正式コース生募集予定。先行受付募集中!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

本当の頭脳の使い方

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
本当の頭脳の使い方
****************

将棋の藤井聡太棋聖が王位戦で木村王位から4連勝で王位を奪取し、史上最年少となる18歳1カ月での二冠保持&八段昇段を達成しました。

将棋には格付け順に、竜王、名人、叡王、王位、王座、棋王、王将、棋聖 と8つのタイトルがありますが、どのタイトルも挑戦権を得ることからして実に大変なことで、これを18歳で2つも取ってしまうとは計り知れない化け物です。

現在の格付け1,2の竜王と名人は先日棋聖位を奪った“魔王”渡辺明とくればその実力は疑う余地なしです。

しばらくはこの天才少年の話題で持ち切りでしょうね。

将棋のタイトル戦はABEMA TVで見ることが出来ますが、最近はAIを使った、優劣の状態や次の一手の予想とかも出るので、それを見ながら観戦すると興味深く見れます。

私が驚くのは、プロが指す手の多くはAIが200億手も読んで最善手と予想した手と一致することです。

この目覚ましく進歩しているAIの頭脳を将棋以外にも活用できないものかと考えてしまいます。

少々難しい言葉になりますが、コンピューターの最大の強みは「多変量解析」と言われます。

多変量解析とは、沢山ある変数で構成されたデータを統計的に扱う手法です。

沢山ある因子で何が一番関係性の強い要因なのかを分析することで様々なものの予測精度を高めることができます。

身近なものでは最近天気予報の精度があがっているのは過去の膨大な気象データをコンピューターが多変量解析しているからなのです。

ニュースをつけたら毎日毎日コロナの患者が何人出たとかそんな話題ばかりです。

コロナの陽性患者のビッグデータを多変量解析すれば、かなりの精度でリスク管理が可能になるとある医者が言ってましたが、私も全くもってその通りだと思います。

しかしそんな解析をしているかどうかすら何も聞こえてきません。

例えば、性別、年齢、既往症、肥満度、喫煙歴、血液型、BCG接種などなどあらゆるデータをブチ込めば、今のスパコンなら対コロナの最善の“次の一手”が出てくるのではないでしょうか。

藤井新二冠&八段のニュースを見ながら、不安を煽ってギャラを稼ぐ知恵に長けた「煽りの専門家」ではなく、本当の頭脳を社会貢献に生かす専門家が新星藤井青年のように出てこないだろうかと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

小学生 中学生、高校生対象
「自宅オンライン授業(市進ウイングネット)+スクーリング通塾 or Zoom遠隔指導」コース
2学期から正式コース生募集予定。先行受付募集中!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

「無料」に罠あり

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
「無料」に罠あり
****************

今年度4~6月期の第1Qの国内総生産GDPが前期比27・8%減とリーマン・ショック後の年率17・8%減を上回る戦後最悪のマイナス成長を記録したそうです。

特に個人消費の落ち込みが大きく、輸出も急減して内外需ともに総崩れでした。

ちょうどコロナでステイホームとか休業要請が出ていた時期であり、想定内だったとは言え、この急落は酷いものです。

いつなったら景気回復の声が聴けるのか本当に憂鬱になりますね。

学習塾業界ですが、先日の日経新聞の発表では東〇衛星スクールはじめ、大手7社は全部赤字幅拡大という惨憺たるものでした。

富山でも2月の大手学習塾の倒産も記憶に新しいところですが、ただでさえ少子化の波がジワリと来ていたところにコロナの追い打ちは固定費の大きい大手は相当こたえているようです。

テレビCMに集客を頼っているようなところさぞ大変だろうと思います。

景気の波はいつでも繰り返されますが、競合同士、切磋琢磨しあいながら協働で市場開拓し、共存共栄するのがどの業界でもあるべき姿です。

しかし、最近、なりふり構わない半分詐欺まがいの生徒募集をしている塾があると聞いたのでこの際、注意してほしいと思い書かせてもらいます。

それはチェーン系に多い「〇ヶ月分授業料無料」というやつです。

成績が上がらないという理由で転塾してきたご父兄からよく聞くのが「退校を申し出てもその翌月分まで授業料がかかる契約書になっていた。」という話です。

1ヵ月無料と言っておきながら、辞めても1月分追加で取られるので実質無料でも何でもありません。

このカラクリに引っかかってしまうケースは多いのですが、こんなのはまだかわいいほうです。

最近はもっとタチの悪い勧誘が横行しています。

塾は普通は「体験授業は無料」が当たり前です。

茗溪進学会は体験授業を受けても体験を受けた月は無料ですし、何回体験授業を受けても、あくまでそれは体験であってお代は頂きません。

入校するときは、必ず入校申込書に署名捺印して頂いた上で翌月から入校になります。

当たり前の話です。

ところが、最近、「無料体験授業」のつもりが、いつの間にか「〇ヶ月分授業料無料申込」=「入校申込」になってしまっていて、気づいた時には断るに断れない状態になってしまっていたという生徒がいると聞きました。

言葉が紛らわしいところを巧みに突いたあざとい手口です。

どんな説明を事前に受け、どんな書面を貰っていたのか分からないのでいい加減なことは言えませんが、もし、本当に意思に反して体験のつもりであることを知りながら入校させていたとすればこれは詐欺です。

コロナで経営が厳しいのはどの業種業界も同じですが、苦しいからと言ってこんな行為が横行すれば業界のイメージダウンになりかねず、共栄共存どころか共倒れになってしまうことが心配です。

2学期も始まるタイミングでもあり、「これからどこか塾でも・・」とお考えの方も多いかと思います。

どうか「無料」だけにはくれぐれもご注意下さい。

とにもかくにも、「“無料”は危険な罠」をシッカと心して頂きたいと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

小学生 中学生、高校生対象
「自宅オンライン授業(市進ウイングネット)+スクーリング通塾 or Zoom遠隔指導」コース
2学期から正式コース生募集予定。先行受付募集中!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

アフターコロナの成功条件

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
アフターコロナの成功条件
****************

お盆休みと言うべきか、夏休みと言うべきかわかりませんが、とりあえず学校は短い休みになりました。

茗溪進学会はコロナで学校休校期間中や大手学習塾に営業自粛要請が出ていた期間も感染拡大に細心の注意を払いつつ、オンライン授業を併用しながら授業を続けていました。

ある意味リスクも心配だったので、今回の期末試験が楽しみでした。

しかし、結果もきちんと返されないまま休みになってしまい、何とも消化不良感が否めません。

いずれ休みが明ければ総括できると思いますが、今のところ順位が出た生徒らの結果は予想通り上々でした。

自己最高番数を取った生徒らが続出していますので、やっぱりコロナ休校期間の過ごし方は大きかったと感じています。

大げさかもしれませんが、一日一日どう考え、どう過ごすかかがその後の人生を創ってゆくわけです。

コロナで家で過ごす時間が増えていますが、家での過ごし方も大事です。

どうしてもスマホやタブレットを見る時間が増えてしまいますが、私もついついYouTubeなどを見る時間が増えています。

YouTubeとは実に素晴らしいもので、知りたい情報は大方手に入れることが出来てしまうのは感心します。

私はお堅い専門家・評論家から気楽に見れる趣味ものまで何件かチャンネル登録していますが、都度都度新しいネタで更新情報をくれるので飽きることがありません。

そんな今どきの中学生の将来なりたい職業の№ワンはYouTuberdだそうです。

子供だって、組織の面倒くさい人間関係に煩わされることなく、自由に自分の好きな動画を作ってアップするだけでお金が稼げるという魅力は分かります。

しかし単に「楽してお金を稼げる仕事」というイメージだけでそう言ってるなら問題で、どう考えるかということが肝心です。

大人になって成功できるために必要な条件は何でしょうか。

学歴?資金力?それとも人脈ですか?やっぱり才能でしょうか?

どれも十分条件ですが絶対必要条件ではありません。

チャンネル登録数が多く、稼ぎも半端ではないYouTuberを見たら一目瞭然です。

それは「視聴者側にとっての付加価値の有無」だけです。

私たちは努力をして、学歴を得て、スキルやキャリア、人脈を積み上げることが成功の条件だと考えますが、それだけでお金が稼げるわけではありません。

稼いでいるYouTuberとは「希少性と市場の必要性の高い情報の提供で社会に付加価値をもたらしている人」と言えます。

社会貢献できる付加価値を作るためのリソースとなりうる一つが学歴や資金力、スキルやキャリア、人脈などかもしれませんがそれだけ持っていても役には立ちません。

今までは人間関係とかレッテルみたいなものが大事だったかもしれませんが、アフターコロナの社会はそんなものが通用しないシビアな時代になります。

アフターコロナの時代、一番大事なのは「希少性ある自分の付加価値」です。

これからの時代に生きてゆかなければならない諸君!ただYouTubeを見ながら稼ぎに憧れるのではなく、自分の付加価値をどう高めるかを考えましょうと教えたい塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
中学生対象「夏の特別補習講座」好評開催中!
「1学期期末試験対策」+「休校遅れ挽回復習」+「2学期さきどり予習」 の3点セット
7~8月の土曜日と学校夏休みの全10日間コース。
中1・中2は20時間コース 中3は30時間コースを通常授業とは別枠で設定します。
※自宅オンライン授業(市進ウイングネット)配信もオプションで追加OK!
※塾外生は補習講座のみの受講OK!
※平日への振り替えもOK!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

ゼロリスク信仰に注意!

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
ゼロリスク信仰に注意!
****************

テレビを付ければ毎日毎日、コロナの話ばかり。

日々の行動が極端に制限されているだけでなく、コロナを必要以上に恐れるあまり頭がおかしくなる人が多いそうだ。

うつ状態みたいになったり、体調不良になったりする人は多いらしいが、中には日ごろ言わないような事を突然言ったり、穏やかな人が急に怒りっぽくなったり、急に新しい何かに頑張り出したりする人が日本中に増えているらしい。

このような現象は「CIAMS(COVID-19/Coronavirus-induced altered mental status:シャムズ)」と言うとのこと。

コロナ以来、テレワークだのアラートだのソーシャルディスタンスだのやたらカタカナ言葉が増えたが、また一つ語彙が増えた。

実は精神科医的には「不安による精神的加重という病態生理」で、珍しくはないものだそうだが、最悪、うつ病による自殺も起こるというから怖い。

私たちも一度自分を疑ってみたくなる。

真面目なタイプほど過剰適応になってしまうそうなので、無理に元気を出して頑張るのではなく、成り行き任せで事態を客観的に見ることも必要だろう。

では、なぜ日本人がCIAMSなる状態になりやすいのかという原因が問題だ。

日本人は最近「ゼロリスク信仰」という思想に取り憑かれていることと関連性があると言われる。

メディアでは専門家と言われる人が少しでも可能性のあるリスクをことさら強調している。

例えば「ウイルスは感染を繰り返すと重症化しやすい強毒性に変化する可能性がある」とどこかの大学教授が言ったとする。

可能性と言ってしまえば何でも可能性なわけだが、言って見れば無責任な情報が「慎重で見識ある発言」として真面目な日本人は捉えてしまう。

実はこんな発信情報は間違えるというリスクがない発言であり、これこそがゼロリスク信仰だと私は見る。

高いギャラを貰う対価に自分の立場はゼロリスクという人たちなど果たして本当に信用できるのか疑わしい限りだ。

「医療崩壊を防ぐ」「経済活動を守り生活を守る」「死者を出さない」 どう考えてもトレードオフの関係にあるものを全部両立させなければならないという「ゼロリスク信仰」と本質的に同じなのだ。

CIAMSを防ぐ手段の一つとして、このような間違った信仰は持たず、「もしかしたらあの偉そうな専門家も間違ったことを言っているのかもしれない。」と斜めに見る姿勢も時には必要ではないだろうか。

「リスクはゼロであるべきだ」,「リスクが少しでもあるならば見直すのが正しい態度だ」というゼロリスク
信仰の害がこれ以上広がらないことを祈るのみだ。

私はボチボチ隠遁生活を考える年齢だから構わないが、未来ある子供らがこんなおかしな信仰のせいで大事な将来を暗いものにされてはたまらない。

そのためには大人はリスクゼロではなく、低下させるためにどのような努力をすべきかを教えることが大事だと私は強く思う。

子供らにはあるべきリスク管理を考える立派な大人になってもらいたいと願う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
中学生対象「夏の特別補習講座」好評開催中!
「1学期期末試験対策」+「休校遅れ挽回復習」+「2学期さきどり予習」 の3点セット
7~8月の土曜日と学校夏休みの全10日間コース。
中1・中2は20時間コース 中3は30時間コースを通常授業とは別枠で設定します。
※自宅オンライン授業(市進ウイングネット)配信もオプションで追加OK!
※塾外生は補習講座のみの受講OK!
※平日への振り替えもOK!
*******************

ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 茗溪進学会 All Rights Reserved.