富山市山室の学習塾 小中高生 少人数制個人別カリキュラム指導で成績アップ
string(4) "post"
茗渓進学会塾長のVOICE&NEWS

ブログ

ボランティアも労働も社会貢献

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
ボランティアも労働も社会貢献
****************

盆明けで世の中大したネタがありませんが、毎年この時期になると話題になるのが「24時間テレビ」です。

私は「茗溪進学会も24時間テレビを応援してます!」みたいなCMがテレビで流れたらちょっとは印象アップになるかな?というスケベ心でスポンサー料はいくらか聞くだけ聞いてみました。

テレビ局もスポンサーの広告収入があってはじめて経営が成り立つのですが、番組の性格上なのか、テレビとラジオ5回のスポットコースでも新聞チラシを一回折り込むよりは安い金額でした。

もう何十年も続いているチャリティー番組ですが、最近は出演タレントのギャラが高額だという裏事情が反感を呼んで募金額が減ってきていいるそうです。

チャリティーとは違いますが災害ボランティアについても偽善行為だのなんだのとつまらない議論があるようです。

先日、2歳の子供を山で救出した78歳のボランティアが脚光を浴びたことて、改めてこの手のことに対する意識の在り方が問われているのかもしれません。

去年も書いた話ですが兼好法師の徒然草に、こんな話があります。

「狂人の真似をして大通りを走れば、それは狂人であり、悪人の真似をして人を殺せば、その人は悪人である。偽りでも聖人の真似をして善事をなせば、その人は聖人である」

つまり動機がどうあれ、善を成せばそれは善なのだと法師は言っているわけで、私もそう思います。

人助けが趣味という現代の弘法大使みたいなオジサンもいれば、人に良い人だと思われたいだけとか、売名、広告宣伝目的が本音の人もいるでしょう。

それをひとくくりに「ボランティア=無償の慈善行為」として扱うから話がオカシくなるのです。

そもそもボランティア(volunteer)というのは強制徴兵に対する“志願兵”が語源であり、決して無償の慈善行為ではないのです。

人間一人一人が自分の役割を果たして機能するのが社会であり、役割に応じてお金という形で貰った報酬を循環させるのが社会です。

もし、無償奉仕が善で、有償労働を善としない考えは社会の経済活動を否定することになってしまいます。

つまり、労働であれ慈善事業であれ、一人一人が自分の役割を全うすることで社会貢献することは等しく尊い姿です。

職業として働くタレントのギャラをひがんだり、災害ボランティアを偽善者呼ばわりするのは社会貢献の意識が低い証拠であり、結果的に貢献度の低い人には社会から循環してくる報酬も低いでしょうね。

私たちが一生懸命勉強する努力は、将来お金儲けをするためのものと考えずに、貢献度を高めるための努力と思えばいいのではないでしょうか。

その努力は高い報酬や豊かな心を得ることができるわけだと一人で納得している塾長でありました。

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

情熱と経験が大事

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
情熱と経験が大事
****************

お盆休みも明け夏期講習会も終盤戦に入りましたが、皆さんお盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は例年通り、帰省している息子一家、友人ら対応でバタバタ疲れた5日間でした。

幼稚園に行きだした孫が何故か虫採りをしたがったので、このクソ暑い中連日、虫捕り網と虫篭を持ってあちらこちらの公園に行かされたのには正直参りました。

でも、私の小さい頃の夏休みと言えばやっぱり網と篭を持って一日中、セミやらトンボやら追いかけまわしていたことを思えば別に不思議なことでもありません。

何十年ぶりの虫採りでしたが、昔の経験は体で覚えているもので、「昔取った杵柄」のおかげで色々なセミ、トンボ、バッタ、蝶などを童心に返って採ることが出来ました。

しかし公園に行ってもこんな格好で遊んでいる子供は一人もおらず、段々昭和の風景になってゆくのかと思えば寂しい限りです。

昔の経験と言えば、こんなすごいニュースがありました。

山口県周防大島町で3日間行方不明だった2歳の男の子が78才のボランティアに発見されたニュースです。

私も同じくらいの孫がいるので、遊びに連れてゆこうとした祖父の気持ちを考えると気が気ではありませんでした。

この尾畠春夫さんというオジサンは熊本地震や東日本大震災などの被災地でもボランティア活動を繰り返してきたベテランだそうで、今回も「必ず自分が見つける」という強い決意を両親に伝えて山に入った後わずか30分で発見したということです。

連日警察が捜索していたそうですが、160人もの警察たちは一体何をしとったんでしょうね。

この78歳が発見することができた理由を自分なりに考えました。

それは「上に登ろうとする子供特有の行動パターン」+「水を求める本能で沢の水辺にいる」ということを経験的に知って探した結果がドンピシャだったのです。

何よりこのオジサン「生きていることを前提」として探したのに対し、警察は生きていたらいるはずもないようなそこらの草むらや池の中を間抜けた顔して棒で突っ転がしていただけでした。

これはどう見ても「死んでいることを前提」としており、救助活動でも何でもありません。

体温を検知できるドローンとやらも使ったそうですが、この78歳には遥か遠く及ばない使い物にならない代物だったわけです。

このオジサン、65歳まで魚屋をしていて今は国民年金暮らしだそうです。

普通、自営業者は厚生年金には入れず、国民年金だけですが、満額でも月6万円足らずの額にしかなりません。

でもこの尾畠オジサン「人間有り余るお金は要らん。」とボランティア活動をしている姿は本当に尊敬に値します。

まさに情熱と経験が一人の子供の命を救ったわけであり、私たちもこのボランティアのおじさんに学ぶことは多いのではないでしょうか。

夏期講習最後の1週間が始まりました。

この時期はどうしてもダレる時期ですが、ここでしっかりと頑張った経験が後々生きてくるわけですから、気を抜かずに頑張りましょう。

久々に真に尊敬できる人に出会い、嬉しくなった塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

人の道を外れないのも能力

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
人の道を外れないのも能力
****************

日本ボクシング連盟の会長が辞職した問題が連日テレビを賑わせています。

助成金の不正流用や反社会的勢力との交友などがここまで白日に晒されたら万事休すでしょう。

スポーツの組織であれどっかの私大であれ、会社であれ、霞が関であれ、腐敗した権力がのさばるのは世の常です。

それは権力や金への果てしない欲求は人間誰もが持つ業だからです。

組織が変わっても似たような歴史は繰り返すでしょうし、今回の告発側だって所詮同じ穴のムジナの権力争いではないかと私は冷ややかに見ています。

この会長にしても最初は高い志を持ってアマチュアボクシングの普及発展に努力したのかもしれません。

だってどんな能力のある人でも自分だけの努力でこんな権力を持てるものではないからです。

この人はもともと能力があったことに加え、何より人一倍強い情熱があったのでしょう。

私欲を満たすため周囲の取り巻きが権限やお金を集める構図を作るために利用にしていったのは疑う余地がありません。

南の海で発生した台風がどんどん上昇気流を強めながら勢力を増すように、求心力が強くなれば強くなるほどさらに力が増し最後は自制の利かない暴走列車として破滅したわけです。

“終身会長”本人も気づかないうちに周囲によってこんな天狗にさせられてしまったのかもしれません。

私も過去にいくつも「醜い天狗とその取り巻きたち」が牛耳る組織を見てきました。

人の最大の弱みは「人事権」であり、それを振りかざすほど天の道に背く行為はありません。

見せしめ人事で人を恐怖で支配するのは最低の行為であり「人間のクズ」です。

私は自分をそんなクズや虎の威を借りて自分の保身を企むような人間に迎合出来ない世渡り下手な人間なので、ずいぶん損をしてきたなあ・・なんて思うこともありますが、この歳までなんとか生きてますから人生何とかなるものです。

そうは言っても子供たちには利口で過ちのない人生を幸せに送ってもらいたいものです。

そのために必要な要素が
1.運(ツキ)
2.大局観
3.企画力
4.提案力
5.判断力
6.交渉力
7.マーケティング力
8.コミュニケーション力
の8つと言われています。

私はこれに+して

9.学力

さらに10番目の能力として付け加えたいのが

10.人の道を踏み外さない力 です。

1の運はともかく、この力は一番難しい力かもしれませんね。

ボクシング協会やどこかの私大のみっともないドタバタ劇を見ながら我が身のあるべき姿勢を省みたいと思う塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

大学選びも慎重に

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
大学選びも慎重に
****************

仕事柄どうしても東京医科大の「裏口入学」「得点操作」の問題が気になります。

今さらどうしてこんな当たり前の話が話題になるのでしょうか。

私は私大の医学部のペーパー試験は一定の学力以上であることのチェック機能であり、最終的には別の要素で決まると今でも信じて疑っていません。

もちろんこれは塾長お得意の根拠のない勝手な推論なのですが。

このようなことが一旦表沙汰になると色んな情報が連なって出てくるものです。

面白かったのが、某私大医学部の期末試験のために東大の医学生が某私大医学生の家庭教師を引き受けたが、問題が難し過ぎて解けなかったという冗談みたいな話です。

この話題で、私大の追試は受験料がかかるということを私は初めて知りました。

要するに日本一頭の良い東大医学部の学生も解けないような難問を出して追試を受けさせて、受験料を搾り取るということが本当の狙いではないかという推測です。

私も学生時代は麻雀と酒盛りばかりしている不真面目学生だったので追試ばかり受けてましたが、追試料など一円も払った記憶はありません。

医学部というのは教育に多額の費用が掛かりますから、国の助成金や表向きの授業料だけでは運営が厳しいという実情があるにしてもこの推論が本当なら悪質です。

医学部はお金が掛かるということに引っかけて別のことを思い出したのでついでに書いておきましょう。

防衛大とか防衛医科大という自衛隊幹部養成の大学校がありますが、卒業後は原則一定期間、自衛隊の任官に就かないといけません。

民間に就職してもいいのですが、その場合は費用の返納が求められます。

学生は特別公務員の立場で、学費や寮費は全額無料な上に、お小遣いまでもらえるわけですから、任官拒否したらさぞ高額な費用を返納しないといけないと思ってしまいます。

さて防衛大、防衛医科大の任官拒否したときの返納額は一体いくらくらいだと思いますか?

これは年度毎の国会予算で決定される話なので一律に決まっているわけではありませんが、防衛大の場合は数十万円からせいぜい百万円と聞いたことがあります。

意外に安いですね。

ちゃんと学位もとれますし、お得だと思う方は是非お勧めいたします。

一方、防衛医科大の場合はウン千万円になるとのことです。

要するに一人の学生を6年間医師に育てるためにはそれだけ元手が掛かるという話です。

私立医科大の件も単に「悪い」だの「不公平」だのという意見とは違いますが、ショーバイする大学側の立場もあるのではないかと考えてしまいます。

いずれにせよ、大学というのは医学部だけでなく、大学側にも受験者側にも色んな損得勘定がありますので、よくよく調べて考えてから慎重に選びたいものだと言いたい塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

「成功バイアス」に引っかからないこと

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
「成功バイアス」に引っかからないこと
****************

東京医科大の入試で女子の点数が減点されていたという事実が発覚して話題になっています。

普通に聞けば「許されない不公平」ということになりますが、大学側も医師を系列病院に安定して派遣する立場上、やむを得ない事情があるのでしょう。

医者が条件の良い職場を大学に斡旋してもらうこととバーターで大学が独自に安定した人材派遣をすることが社会的責任であることはお医者様と一杯飲めばすぐわかります。

とりあえず今回の話はさしずめ“必要悪”というところなのでしょうね。

それはともかく、この一件であるメディアで、この大学を出た女医が、「そんなことは周知の事実でしょ?私はそれを知った上で一生懸命勉強したのよ!」なんて言っていました。

解説者は「この女医の理論は“成功バイアス”だ」と言っていました。

私は“成功バイアス”という聞きなれない言葉に興味があったので調べてみたら、古今東西を問わず、世の中を支配している本質そのものではないかと驚いた次第です。

「成功バイアス」は「成功者バイアス」「生存バイアス」とも言われますが、分かりやすく言えば“成功者、勝者の理論”です。

つまり、成功バイアスとは、勝った者、生き残った者のみを評価し、負けた者、脱落したもの、淘汰されたものを評価しない発想です。

例えば戦争が終われば勝った側が「正義の味方」で、負けた側が「悪の逆賊」となります。

医者や弁護士、政治家など権威ある人の言うことが正しいことだと信じやすいのも「成功バイアス」です。

テレビで「玉ねぎが健康に良い」と放送されたらスーパーから玉ねぎが消え、「寒天が良い」と出れば寒天が売切れになるというのはバイアスに掛かりやすい人がいかに多いかを表します。

ちなみにバイアスとは斜めに織られた繊維が語源の偏ったものを現す英語です。

影響力の強い人=勝者が発する言葉や情報は信じやすいですが、中には誤ったものが多いので、正しく見極めることが大事ということです。

ボクシング協会の会長問題なんかもそうですが、政治家や人事権を持った人間への忖度なども全てこの成功バイアスがベースの発想です。

最近、世の中何かおかしなことや、何か間違っているのではないか?と思いうこと多くはこの「成功バイアス」が大元にあると疑ってみると分かりやすいと思います。

私たちもバイアスの網目に引っかかって、偏った物差しで見ていないか冷静になってみるといいかもしれませんね。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

誤った県民文化に要注意

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
誤った県民文化に要注意
****************

文科省が4月に実施した全国学力テストの結果を公表しました。

今回も各教科とも上位県は秋田、石川、福井、富山の常連県が占めています。

下位の都道府県の底上げ効果が出ているという文科省の見解ですが、それはそれでいい事だと思います。

しかし、4月にもここで書いたことの繰り返しになりますが、富山県民はこの結果で調子に乗ってはいけません。

学力テストは小6と中3に実施しますが、仮にこのテストを高3まで含めて実施したらどうなるでしょうか?

私は富山県は下から数えた方が早い順位になるのは間違いないと思います。

富山県は県民所得が全国5位と高い割に大学進学率は全国27位です。

所得が高いのは富山県の女性に働く人が多い結果ですが、本来、所得と大学進学率は相関関係にあるにはずなのに富山県は逆行している点が大問題なのです。

私は常日頃、「高校がゴールではなく大学がゴール」と、生徒にも父兄にも言っていますが、この富山県特有の“高校至高思想”からはなかなか脱却できません。

団塊世代以前の脳みそにカビが生えたような人に強いのが出身高校や高校ブランドで人間を判断する傾向です。

この考え方が「高校受験がゴール」という雰囲気(というかもはや県民文化)を生み、高校に合格したとたん燃え尽きて勉強をしなくなってしまう子供が多い環境を生んでいるのではないでしょうか。

さらにあろうことか高校の中には「塾へ行く必要はない」と入学説明会から言うとんでもない先生がいたりする学校が傾向に拍車をかけています。

高い月謝の割に成績アップせず、しかも中学生までしか面倒を見ない〇別指導塾の経営が成り立つのもこの富山ならではの不思議な光景です。

県外で社会人生活をした経験のある方ならお判りでしょうが、出身高校名など誰も関心はありませんし、そもそも言ったところで分かりません。

私は学歴偏重主義者ではありませんが、百歩譲って学歴が人の評価基準になるとしたら、それはあくまで最終学歴であって、間違っても高校ではありません。

将来ある子供たちはこんな誤った県民文化に染まってもらいたくありません。

全国学力テストの順位などどうでもいい話で、スケール大きくもっと上をしっかりと見て頑張ってもらいたいものだと願います。

今朝の新聞を見ながら、ついつい悪態が止まらない塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

表街道も裏街道も勉強が大事なワケ

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
表街道も裏街道も勉強が大事なワケ
****************

最近、文科省の汚職問題がよくニュースに出ます。

毎度のことに今さらどうこう言っても始まりませんが、改めて立場を利用した利権の世界の醜さを感じます。

私大の医学部裏口入学だってチクられたのが文科省の人間だったというだけのことで、そんな世界は常識のはずです。

だって、私大医学部の授業料は表向きは2~3千万円なんてなってますが、その程度で医者になれるのならモトを取るのは簡単です。

普通のサラリーマンでも借金したって行かせるはずですが、一般庶民の息子が私大の医学部に行ったという話は未だ聞いたことがありません。

私の同級生にも成績がパッとしてなかった割に、私大の医学部を出て偉そうに医者をしている奴らがたくさんいますが、全員間違いなく100%実家が開業医のボンボンたちです。

寄付という名の「裏金」をどれだけ使っているのか知りませんが、お金や立場があれば子供たちもその恩恵を受けることができるわけです。

貧乏人のひがみですが、これが世の中っちゅーもんなんでしょう。

似たような話、先日IR法案が通りましたが、たまたま去年、知り合いの知り合いで、国会の公安委員会の諮問委員をしている(していた?)という人とたまたまお茶を飲む機会がありました。

その時、私は「ところで〇〇さん、例のカジノってどこにできるんですか?」と何気なく聞いてみましたが、「私は知りません!知っていてもそんな超機密事項をあなたに漏らすわけにいきません。」とキッパシ言われました。

この国家的事業には何兆円動くのか知りませんが、既に裏ではとんでもない大きな利権が動いていることはそのオッサンの顔つき一つで容易に想像できました。

場所だけでもものすごいインサイダー情報の価値があるということでしょうし、政治家や官僚などは裏の世界で一儲けしているのかもしれません。

こんな世界に比べたら小学校一つの森友問題など可愛いものです。

「全くけしからん!」と言いたいところではありますが、私だってもしそんな世界にいたら自分の煩悩に勝てる自信はありません。

富める時も貧しい時も清く正しい生き方が天道に沿うことは間違いないのですが、そういう生き方をする自信がないとしたら、やっぱりその手の恩恵に被ることができる立場を目指した方が、なんだかんだ言っても得かもしれません。

今、裏街道で世間を欺いている煩悩まみれの官僚だって、もとは気高い志で一生懸命勉強して官僚になったわけでしょうから。

裏街道がいやなら堂々とお天道様のもとで表街道で幸せの道を歩けるように頑張るしかありません。

どの道を目指すにせ勉強は大事だということは変わらないという結論に達した塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

自転車に見る画一化の影

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
自転車に見る画一化の影
****************

今年も熱い熱い夏期講習会が始まりました。

午前中から次々生徒たちが自転車でやってきます。

隣が空きテナントになっているので、多少自転車がはみ出すのは勘弁してもらってますが、何も言わないと好き勝手に色んな所にゆったりと駐輪しだすのが困りものです。

ですからこの時期は自転車整理も仕事の一つになります。

今日、何気なく塾の前に止まっている自転車を整頓していたらあることに気づきました。

20台近い自転車の中で数年前まで普通だった“ケツ上げチャリ”が一台もないのです。

形も色も地味なデザインばかりで個性がありません。

聞けば中学で厳しくチェックされているのだそうですが、自転車通学していない生徒もいますし、うちの塾生たちは全員真面目ということなんでしょうか。

私たちの時代は危険と言う理由でドロップハンドルのみ禁止されていた以外、何でもアリの自由さの中で思い思いに個性を主張していたように思います。

最近は個性の主張=非行とでも言うかのように画一化の枠に押し込んでしまう風潮を感じます。

私の回りには仮面ライダーのバイクみたいなフルオプションで改造し放題みたいな自転車に乗っていた奴らもいましたが、別に不良になったという話は聞きません。

自転車で個性を主張する必要はないのですが、学校側がなんでもかんでも金太郎飴にしておけばいいという話では無い様な気がしました。

それは人類が進化するためには多様性が不可欠だからです。

自然界に生きる生物も様々な多様性の共存の中から取捨選択され、弱肉強食され、生存競争を生き残っていくことが自分を守る競争力の学習につながります。

子供らの個性も多様ですが多様だからこそ、その環境の中で学ぶべきものを得るのです。

日教組がどうだの文科省がどうだのと言う理屈はよくわかりませんが、今の学校教育は個性や格差を認めないことを強制しているように感じます。

自転車を画一化をしても成績だけは金太郎飴にはなりません。

どんな成績の子供でも社会で生きられるようその差に応じて指導を変えたりする柔軟性が教育現場にむしろ必要なのですが、それはどうでもいいみたいです。

自転車を見ながら学校の考えることの本末転倒を感じる塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

家庭会話で身に付く学習習慣

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
家庭会話で身に付く学習習慣
****************

毎日毎日暑くて参りますね。

明日から夏期講習会が始まりますが、西日で前の路面の照り返しがきつい時間用に散水ホースを設置しました。

焼け石に水かもしれませんが、見た目だけでも涼しくなればと思います。

今日、車で走っていると、前の車の様子が何か変です。

フラフラしてスピードが遅くなったり早くなったり何とも危なっかしい運転です。

熱中症にでもなっているのかと心配になって追い越して見ましたが、およそ無教養な雰囲気(自分がそう感じただけですが)の若い女性のスマホながら運転でした。

下らないSNSかゲームに熱中していただけでしょう。

周りに迷惑を掛けないよう電柱にでも止めてもらえばいいのに。なんて思いました。

最近は、歩きスマホが危険ということで、江戸時代の思想家である二宮金次郎の像も座って読書する姿になっているそうです。

ところで、この二宮金次郎(尊徳)という人が一生懸命読んでいた本は何でしょうか?

「二宮金次郎という人はどんな人なんだろうか?」「どんな本を読んでいたのだろうか?」という疑問はネット時代、簡単に調べることができます。

問題は「なぜ?」とか「何?」とか疑問を持ち、それを調べる習慣があるかどうかです。

ちなみに薪を背負った二宮金次郎が読んでいた本は「大學」という本なんだそうです。

簡単に言えば、大學とは昔昔中国で書かれた「指導者としてあるべき姿を示すテキスト」です。

「大學の道は明德を明らかにするに在り」という文章で始まります。

「大學の道」とは、すなわち「人の上に立つべき人物となるために、修養すべき學問の道筋」という意味で、富山大学の「大学」もここから来ています。

「明德を明らかにする」とは、「世俗にまみれて濁ってしまった魂を磨き、本来の正しい心を取り戻しなさい」という意味なんだそうです。

私はこういう講釈を垂れさせたら天下一品の割に私生活は世俗の煩悩まみれだったイカサマ聖人君子を知っています。

また、「人間は本来108つの煩悩に悩む生き物だ」と言うお釈迦様の方に親近感を感じますので、自分は真面目に学ぼうとは思いませんが、一つだけ得る物があるとすれば、それは「明德を明らかにする」方法は「正しい習慣を身に付けること」ということです。

回りくどく言わなくても「正しい習慣を身に付けろ」って最初から言えばいいのにと思います。

お子様の成績が思わしくない場合、その多くはお子様が「勉強の習慣がついていない」状態といえます。

習慣を付ける方法として簡単な方法は、実は家庭の会話の中にあります。

ご家庭では、「何?」「なぜ?」という質問をすることを心がけましょう。

例えば、「夏ってなぜ暑いのだろう?」なんていう会話が成立すれば、高気圧の原理だとか地軸の傾きと公転の関係だとか理科の学習の知識に発展します。

中学生くらいになると「めんどくさ」って親の問いかけにもまともに応じてくれなくなりますので、子供が小さい時から「どうして?」「なぜ?」という会話を通じて正しい習慣を身に付けてゆくのが大事と言うことです。

要するに何にでも疑問を持ち、それを調べる習慣付が大事だということです。

今はスマホがありますから、何でも調べるのは簡単ですが、くれぐれもながらスマホはやめましょう。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
夏期講習期間中でも受付継続しております。
※中3は定員につき受付終了しました。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

知らぬは親ばかりなり

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
知らぬは親ばかりなり
****************

ヒットブログが「附属中の生徒がデキる本当の理由」ですが、一言で言えば“環境が大事”ということを書いているだけのものです。

周囲が真面目で意識が高い生徒が多いので、不真面目な生徒でも回りに釣られてやるだけで、その好循環が附属の強みということです。

家庭の環境、学校の環境と並んで大事なのが“塾の環境”です。

私が中学時代に通っていた英語の塾の先生が最初の授業で「学ぶ場の環境の大事さ」を話したことを覚えています。

大変厳しい先生で、その塾は2時間終始ピリピリ神経が張り詰められるような塾でした。

その先生が最初に教えてくれた言葉が「Bad money drives out good.」というものです。

日本語では「悪貨は良貨を駆逐する。」と訳します。

これはグレシャムの法則と言い、16世紀のイギリス財務大臣のグレシャムが、金の含有率が高いイギリスの貨幣が海外に流出して国益が損なわれる原因を国王に進言した故事に由来します。

金本位制の経済学の法則として有名ですが、貨幣の額面価値と金の含有率など実質価値に差が生じた場合、より実質価値の高い貨幣が市場から駆逐されてしまうということです。

この法則は経済学だけでなく何にでも応用できます。

例えば、高級ブランドの偽物が取り締まられるのは、コピーが流通すると本物が駆逐されて売れなくなり、経済損失が大きいからです。

その英語の先生は「真面目な生徒の中に不真面目な悪ガキが一人でも混じると、全員悪ガキ化してしまい、全員の成績に悪影響を及ぼす。よって私語厳禁はもちろん、やる気のない不真面目者は遠慮なく辞めてもらうからそのつもりで。」と最初に釘を刺したわけです。

高校生ぐらいになれば自主性が育ちますし、大学受験と言う明確な目標に向かって勉強するので、周囲の生徒の言動にいちいち振り回されることはあまりありません。

しかし、中学生はまだまだ「ガキんちょ」です。

多くの場合、何人かの中に不真面目な悪ガキが一人でも混じって勉強と関係ない話を始めると、一気に全体の雰囲気が「お遊びモード」になってしまって、真面目な生徒でも勉強に集中できなくなり同化してしまいます。

私はこのことで散々苦労したのでイヤというほどわかっています。

茗溪進学会では生徒が自習を希望した場合、その生徒が周囲を巻き込んでお遊びモードにならないよう、自習する内容の確認、時間、座る席位置など周囲に悪影響を与えないよう細心の注意を払って管理します。

よく、そこいらの〇別指導塾が「自習スペース無料開放!」なんて耳障りの良いフレーズを語ってます。

1コマ80分とか90分という短時間で高額な月謝を取っていることに対して親御様の不満を緩和することが狙いなのですが、これが実は「大変なくせ者」です。

私は中学生が管理されない状態で「自習室」あるいは「自習スペース」と言われるところで静かに勉強することは絶対にないと言い切る自信があります。

中に質の悪い悪ガキが一人でもいたら、もうその空間は「悪ガキワールド」「野放しのサファリパーク状態」と化してしまい、勉強どころではありません。

まさに良貨が悪貨に駆逐されてしまった瞬間です。

講師は「自習」であるものをどうこう言えません。

だって“無料”なんですから。

そんなことより、おしゃべり全開でハッピー状態の生徒らに下手なことを言って嫌われて塾を辞められるくらいなら見てみぬふりしてお楽しみ頂き、ついでにトモダチを誘って楽しい輪に入ってもらうことを期待した方が経営的には断然お得です。

特に未熟な講師は生徒に嫌われたくない意識が強く、自分から話の輪に加わったりすることもあるのです。

親は「毎日塾で遅くまで自習して感心感心」と安心していらっしゃるかもしれませんが、“知らぬは親ばかりなり”と言います。

塾の囲い込み戦略にまんまと騙されているだけかもしれませんよ。

茗溪進学会では中学生は保安上夜9時までに帰らせる方針ですが、10時近くまで「自習」と称して塾に行っている割にイマイチ成績がパッとしない場合は疑い濃厚です。

親を安心させておいて、実は野放しワールドで遊んでいるだけなのかもしれません。

この際、悪ガキはどうでもいいのですが、将来ある真面目なお子様が“悪貨”に駆逐されていないかよーく見た方がいいかもしれません。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018好評受付中。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。

Page 1 / 4012»
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 茗溪進学会 All Rights Reserved.