皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
良き指導者との出会いが大事
****************

今年の高校野球で話題を集めたのが早実の清宮幸太郎と広陵の中村奨成です。

ともに来年のプロ球界注目の逸材ですが、どっちがスゴイ活躍をするかが注目です。

私もお互いライバルとして成長してくれることがプロ野球界の発展になると思い注目したいと思います。

往年のスラッガーと言えば、王、長島、松井といったところですが、この名選手3人には一つ共通点があります。

それは才能と努力以外に“良き指導者に出会った”という点です。

スポーツ選手にとって良き指導者との出会いという運は非常に大事です。

目標を持って努力しづづけることができる意志も指導者次第だからです。

さて、中学では今週、学期末の懇談会がありました。

中3は内申点が確定しますから、高校受験の進路指導が話題の中心になります。

生徒たちは少しでも高い高校を目指すため、ボーダーラインに余裕がある生徒よりも、どちらかというと先生からどう言われるのかハラハラドキドキ組のほうが多くなります。

あいかわらず今年も学校の先生はA「偏差値は足りているから・・」かB「偏差値がギリギリの線だから・・」かC「偏差値が足りてないから・・」の3パターンの枕詞で始まるようです。

生徒には「センセーにどう言われた?」と聞きますが、私は生徒の回答一つ聞けば受験指導の場数をこなしているベテランか駆け出しかがわかります。

駆け出しはこちらの想定しているものとはどうしても違うことを言いますから塾側の受験指導と異なり父兄生徒側も混乱します。

まだまだ勝負はこれからです。

教師は生徒にとって大事な指導者であるべきです。

少しでも生徒が発奮するような気づかいを忘れないことと、あんまり3パターンの枕詞にこだわらずに生徒と父兄に分かりやすい説明をするようにお願いしたいところです。

あと76日、生徒が最後の力を出し切れるような声を掛けてあげられるかどうかが大事です。

「ま、そういうものの学校のセンセーではムリだろうな・・」と思って今日一日生徒を励ましている塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
■冬期講習会好評受付中!
申込された方は講習会開始までの全授業が無料体験扱いとします。
冬期講習会受講生は「英検必勝道場(次回英検1月20日)」受講料無料優待。

■来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」は12月冬期講習会から開講します。
さきどり英語講座 12月~3月 計12回
さきどり数学講座 2月~3月 計5回の全17回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,000円にペア割!
さらに
「中学さきどり講座」にお申込みされた方は冬期講習会(小学生4時間コース)無料招待
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。