皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

どうかお付き合いください。

****************
約束を守る
****************

強引なオリンピック開催でさらに支持率の下がった自民が誰を総裁に立てて衆議院選挙に臨むのかが注目されてきました。

世間では何もしないことを「スガる」と言うそうですが、スガらない人を見極める必要がありそうです。

総理総裁になるためには頭が良くて実力があるだけではなれないと言われます。

それは日本人の美学に照らしての信用度があるかないかの問題です。

私がファンで読ませて頂いている関東のとある塾長さんのブログを一部引用します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家庭の子育ての方針はたくさんある。
お子様の成績が良いご家庭は、間違いなく、塾、習い事のスケジュールを第一にして、娯楽は二の次というご家庭であり、「お子様の勉強を最優先して投資をしている」といって過言ではない。
成績不振のお子様のご家庭に限って、塾の日程が決定しているのに、「どうせ塾に授業を変えてもらえばいい」といって、やれ旅行だやれ部活だと子供にとっての娯楽を優先する。
世の中には「約束」というモノがあり、約束は先にした方が優先である。
A君とデートの約束をしたのにB君とのデートが入ったからといってA君のデートを断ったら、その女の子はどんなに美人でも人間のクズだ。
世の中は例外なくこの法則にのっとっている。
お子様の成績が思わしくないと思ったら、まずは、ご家庭の、学業に対する姿勢を正すことから始めてみてはどうか?
「正す」という意味がお分かりでないご家庭は、時間とお金が無駄なので塾に期待するのは止めた方がいい。
投資する順番は、お子様の学業、娯楽の順。
これが逆になっても何も感じないご家庭はハッキリ言ってどうかしている。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ずいぶんと辛口ですが、ズバリと核心を突いていますね。

総理の話に戻りますが、実力があっても自民党を出たり入ったりしていたり、派閥を転々とするなどしている人は信用が低くなってしまいます。

こういう日和見主義者は形勢を伺いながら自分に都合の良い方を選択しながら生きる人です。

本人は賢く世渡りしているつもりでしょうが、この手の人物は結局得をしないことになっています。

日本人は約束を守り、信念の軸をブラさないことで信頼関係が生まれます。

これが子供たちが将来、社会で活躍するために大事な考え方です。

塾の世界も似たような面があります。

例えば全県模試と育英模試を天秤にかけて両方受験してみたり、塾を二股かけて通ってみたり、安易に塾を転々とする生徒が稀にいます。

うまく利用しているつもりなのかもしれませんが、こんな日和見主義を賢い知恵と勘違いしているご家庭の子供は何故か不思議とハッピーエンドにならないのです。

塾と生徒の関係は、医者と患者の関係に近いものがあります。

患者は医者を信じ、医者は患者から信じてもらえることで誠心誠意治療に当たるように、塾も生徒ご父兄に信頼してもらってはじめて志望する目標に向かって努力・発奮させてやることができるのです。

当然のこと、医者も塾も完璧な人はおらず、一長一短があります。

それを理解した上でお互いに信頼関係を構築することが大事であり、軽佻浮薄、軽挙妄動な行動は一理もありません。

コロナと景気対策が急務のこの先、この法則が日本の将来に合うかどうかじっと見たいと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。