皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
受験は度胸だ
****************

中学生の会話を聞いていると子供らの流行り言葉がわかります。

最近よく聞くのが「ワンチャン」です。

いわゆる「ワンチャンス」のことらしいのですが、少々ニュアンスが違います。

ワンチャンスとは読んで字のごとく、一回限りのチャンスのことです。

勝負事などで「ワンチャンスをものにする」などと言いますが、子供らのワンチャンはそんなに重い意味ではなく“もしかしたら”とか“ラッキーなら” 程度の意味みたいです。

最近の出来事でこのワンチャンスをモノにしたのが大相撲の高景勝といえるでしょう。

今回の大相撲九州場所は横綱不在で誰にも優勝できるチャンスがあったわけで、まさにワンチャンスでした。

貴景勝が見事、史上6番目の年少記録で優勝しました。

この貴景勝は先日親方を引退した貴乃花の部屋から千賀ノ浦部屋に移籍したばかりの力士です。

相撲解説者の誰かが言ってましたが、「とにかく貴景勝は度胸がある」とのことです。

角界が騒然となった一連の貴乃花騒動で、別の部屋に移籍せざるを得なくなった力士は8人いたそうですが、慣れ親しんだ古巣から勝手の違うよその部屋に里子に出されたような形になった力士たちの気持ちはどんなだったでしょうか。

学校を転校したり会社を転職したりした経験のある方なら分かる気持ちでしょう。

移籍した力士はどれだけ新しい部屋の親方が親身になってくれたとしても、肩身の狭い思いをしているに違いありません。

しかし、この高景勝関には、自分を育ててくれた貴乃花親方の恩に報いるためにもそんなネガティブな気持ちを吹っ切る度胸があったのではないでしょうか。

私は座右の銘という洒落たものはありませんが、幸せな人生を送るための言葉としていつも言うのが「男は度胸、女は愛嬌」です。

中学校の先日の中3向の進路相談では県立高校の志望校の妥当性についてネガティブなコメントを言うナンセンスな先生がいたそうで、中にはテンションが下がっているように見える生徒もいます。

「まだ期末試験も始まっていないのにいい加減な先生の言うことをいちいち気にするな!」と私は子供らを元気づけていますが、そんなアホな先生の言葉1つにショボンとしていては、これからの厳しい人生乗り切れません。

高校受験なんざどんな結果になろうが、そんなものは人生のゴールでも何でもないし、腹を据えてドンと構える度胸があれば幾多の困難も乗り越えて行けると思っています。

高景勝は決して恵まれた体格の力士ではありませんし、気持ち一つでこれだけ立派にワンチャンをモノにできたわけです。

子供らも度胸たっぷりの頑張りを期待したいと思う塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」は12月冬期講習会から開講します。
さきどり英語講座 12月~3月 計12回
さきどり数学講座 2月~3月 計5回の全17回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,000円にペア割!
さらに
「中学さきどり講座」にお申込みされた方は冬期講習会(小学生4時間コース)無料招待

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。