富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

どうかお付き合いください。

****************
努力が報われる経験を
****************

今日で県立高校の入学試験が終わりました。

国語が簡単で英語のリスニングが難しかったという話ですが、自信を持って落ち着いてやってくれたと思うのできっと大丈夫でしょう。

私が信条としているのは大学受験までの一貫サポートです。

高校受験はその通過点に過ぎないですから最後まで気を抜かずに頑張ってもらいたいですが、流石に今日くらいは羽を伸ばしてゆっくりしてほしいと思います。

高校受験も大学受験も合否はあくまで本人の頑張りの結果です。

塾の役割は生徒が頑張れる環境が提供てきるかどうかであり、塾のチラシやテレビCMにある「子供の理解度に合わせた指導」だの「AIを導入したプログラム」だの何の関係もありません。

AIのタブレット映像教材で成績が上がるのなら「塾は要らない」と言っているのと同じです。

使う教材や教え方なんかどこも同じですし、AIとか訳の分からない用語に誤魔化されてはいけません。

どれだけストレスなく快適に長時間勉強できる環境を生徒の都合に合わせてヒューマンタッチで提供できるかが最重要ポイントなのです。

生徒らを見ていて間違いなく言えることは、“継続は力なり”ということです。

例年、国立大学合格者は全員が遅くとも中学生から真面目にコツコツ通い続けてくれた生徒です。

中には小学校1年生の時から実に足掛け12年も通ってくれた生徒もいます。

こんな無名な塾でも信頼して通ってくれ、実績に繋げてくれたことに本当に感謝です。

少子化で大学は全入時代と言われ、お金さえ出せば誰でも大学生にはなれます。

でも、子供たちの人生で本当に大事なものは実は大卒の肩書ではありません。

私は自分の努力が報われた経験だと思っています。

その経験が自信となり、どんな苦境に落ちても自分を支えてくれるのです。

長い人生、誰にも様々な苦境が訪れます。

それを乗り越えるために一番大事なものを子供らに与えてあげようではありませんか。

人生は苦しい事ばかりで涙が出るほど嬉しい経験は滅多にありません。

その一回の貴重な経験をさせてあげて欲しいのです。

県立高校受験が終わった今日、「努力が報われる経験をさせてやる」こそ親が子供に残せる最高の遺産だと改めて思う塾長でありました。

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
春期講習会2022開催します。
3月24日スタート
新中1生対象「さきどり中学講座」も好評実施中!
お申込みの方は春期講習会無料優待!「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!