皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
アフターコロナの成功条件
****************

お盆休みと言うべきか、夏休みと言うべきかわかりませんが、とりあえず学校は短い休みになりました。

茗溪進学会はコロナで学校休校期間中や大手学習塾に営業自粛要請が出ていた期間も感染拡大に細心の注意を払いつつ、オンライン授業を併用しながら授業を続けていました。

ある意味リスクも心配だったので、今回の期末試験が楽しみでした。

しかし、結果もきちんと返されないまま休みになってしまい、何とも消化不良感が否めません。

いずれ休みが明ければ総括できると思いますが、今のところ順位が出た生徒らの結果は予想通り上々でした。

自己最高番数を取った生徒らが続出していますので、やっぱりコロナ休校期間の過ごし方は大きかったと感じています。

大げさかもしれませんが、一日一日どう考え、どう過ごすかかがその後の人生を創ってゆくわけです。

コロナで家で過ごす時間が増えていますが、家での過ごし方も大事です。

どうしてもスマホやタブレットを見る時間が増えてしまいますが、私もついついYouTubeなどを見る時間が増えています。

YouTubeとは実に素晴らしいもので、知りたい情報は大方手に入れることが出来てしまうのは感心します。

私はお堅い専門家・評論家から気楽に見れる趣味ものまで何件かチャンネル登録していますが、都度都度新しいネタで更新情報をくれるので飽きることがありません。

そんな今どきの中学生の将来なりたい職業の№ワンはYouTuberdだそうです。

子供だって、組織の面倒くさい人間関係に煩わされることなく、自由に自分の好きな動画を作ってアップするだけでお金が稼げるという魅力は分かります。

しかし単に「楽してお金を稼げる仕事」というイメージだけでそう言ってるなら問題で、どう考えるかということが肝心です。

大人になって成功できるために必要な条件は何でしょうか。

学歴?資金力?それとも人脈ですか?やっぱり才能でしょうか?

どれも十分条件ですが絶対必要条件ではありません。

チャンネル登録数が多く、稼ぎも半端ではないYouTuberを見たら一目瞭然です。

それは「視聴者側にとっての付加価値の有無」だけです。

私たちは努力をして、学歴を得て、スキルやキャリア、人脈を積み上げることが成功の条件だと考えますが、それだけでお金が稼げるわけではありません。

稼いでいるYouTuberとは「希少性と市場の必要性の高い情報の提供で社会に付加価値をもたらしている人」と言えます。

社会貢献できる付加価値を作るためのリソースとなりうる一つが学歴や資金力、スキルやキャリア、人脈などかもしれませんがそれだけ持っていても役には立ちません。

今までは人間関係とかレッテルみたいなものが大事だったかもしれませんが、アフターコロナの社会はそんなものが通用しないシビアな時代になります。

アフターコロナの時代、一番大事なのは「希少性ある自分の付加価値」です。

これからの時代に生きてゆかなければならない諸君!ただYouTubeを見ながら稼ぎに憧れるのではなく、自分の付加価値をどう高めるかを考えましょうと教えたい塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
中学生対象「夏の特別補習講座」好評開催中!
「1学期期末試験対策」+「休校遅れ挽回復習」+「2学期さきどり予習」 の3点セット
7~8月の土曜日と学校夏休みの全10日間コース。
中1・中2は20時間コース 中3は30時間コースを通常授業とは別枠で設定します。
※自宅オンライン授業(市進ウイングネット)配信もオプションで追加OK!
※塾外生は補習講座のみの受講OK!
※平日への振り替えもOK!

*******************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。