皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
まず感謝しましょう
****************

最近の大きな事件と言えば神奈川県の障がい者施設での事件ですね。

ナチスのヒットラーが「世の中に不要な人間は消え失せてもいい」という似たような思想だったらしいのですが、こんな異常な考え方をする人が現実に世の中にいるということは少なからずショックな事件です。

いかなる事情があれ人命の尊さは、小さい時からしっかりと家庭で教育すべきテーマではないかと思います。

私はこの事件から障がいを持った人たちのことをどう考えていけば良いか改めて考えてみました。

僅かですがある程度の割合で不幸にも障がいを負う人は出るのは事実です。

神様も完璧ではないのでしょう。

自分も障がいを持って生まれてきた可能性があったのです。

健常者は自分が健常であることにまず感謝しないといけません。

私は以前、障がい者の施設の責任者から聞いた言葉が耳から離れません。ニュアンスをそのまま伝えたいので聞いたまんま富山弁で書きます。

「あんたらち、いいお子さん持って幸せだと思われや。この子らの親ちゃ毎日どんだけひどい苦労しとるかあんたらちにちゃわからん。成績が悪いたら、言うこときかんやら、そんなもん何やちゅうがけ?この子らの親の悩みに比べたら何の悩みにもならんちゃ。感謝して大事に育てられや。」

不幸にも障がいを背負た人には優しい気持ちを持って、自分ができることをしてあげようではありませんか。

それが人の社会というものであり、人として生まれた責任というものではないでしょうか。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

今からで夏期講習会の受付OKです。
2人以上でお申込み頂くと2人目以降は半額とします。

さらに「塾長ブログ見た」で夏期講習会教材費を値引きプレゼント!
※小学生~中2まで全額値引き、中3は2000円値引きとします。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。