富山市山室の学習塾 小中高生 少人数制個人別カリキュラム指導で成績アップ
string(4) "post"
茗渓進学会塾長のVOICE&NEWS

月別アーカイブ: 2022年3月

歴史を見て学ぼう

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
歴史を見て学ぼう
****************

ウクライナのゼレンスキー大統領が国会で演説し、国会議員は予定通りスタンディングオベーションで賞賛していました。

国会議員という職業の人は個人的には腹の中でどう考えていようが、体制に逆らわないことが次の選挙で勝つための一番利口な振る舞いだと考えていることがとてもよく分かる映像だったと思い見ていました。

日ごろ報道の自由度の無い日本のマスコミの情報だけでどちらか一方を加担することは危ういですし、出来ればプーチン大統領にも演説させるのがフェアではないでしょうか。

私は決してロシア側が正義だと言っているわけではありません。

昔から“喧嘩両成敗”と言われ、喧嘩は両方に原因や責任があるわけで、そこをきちんと分析せず、テレビの映像で感情的になってはいけないと思うのです。

ウクライナだけがクローズアップされていますが、世界に目を転じれば、中東やアフリカなど多くの国で子供を含む多くの国民が非人道的に扱われている戦争は常に起きています。

世界史の教科書を見れば、東欧やロシア含むあのあたりの広範囲なエリアは2000年も前から血なまぐさい戦争に明け暮れていたことが分かります。

昔は今のトルコを中心としたオスマン帝国や今の中国で勢力を持っていたモンゴル帝国など宗教や民族の違う者共が果てしなく領土の取り合いを続けているわけであり、今回の戦争もその延長線上にあると考えたら何の不思議もありません。

昔と違っているのは弓矢や銅剣だった武器が戦車やミサイルになっただけで、人間の愚かさは何も変わっていません。

今、日本に必要なことは、アメリカべったりになることではなく、自立国家として冷静に如何に平和を創るかを考えることではないでしょうか。

日本人は島国の単一民族です。

大陸の文化や価値観は最も不得意分野でしょうが、こんな時こそ歴史から人間の本質を学ぶべきではないかと考えます。

この戦争の顛末は誰も予測がつきません。

いずれにせよ新しいグローバル世界への転換点になることは間違いないでしょう。

子供らには是非この機会に歴史と人間学をよく学んでもらい、新しい時代に対応できる自立思考の人間に育ってもらいたいと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

■2022春期講習会受講生募集します。
3月24日スタート
先行予約生は申込日から春期講習開始まで全期間を無料体験扱いとします。

■来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」受付中。
さきどり数学・英語講座 2月~3月 各計5回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,200円にペア割!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

本番は3年後!

皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
本番は3年後!
****************

今日は県立高校の合格発表がありました。

今日は茗溪進学会から一番受験生が多かった富山高校にこっそり行ってきました。

ネットで見ればわかるのですが、今日だけはじっとパソコンの前なんかに座っていられない性分です。

12時半の発表と同時に沸き上がる歓声や友達同士や親子で抱き合う姿は何度見てもいいものです。

お陰様で富山高校受験生は無事全員合格だったので私もほっとしました。

でもいつも言ってますが、高校受験がゴールではありません。

今日悔し涙を飲んだ生徒は、その悔しさが宝です。

今日の悔しさを忘れず、3年後のリベンジを誓ってもらいたいのです。

3年なんかあっという間ですよ!

午後から無事合格した生徒らが報告に来てくれています。

自分の頑張りが自分を応援してくれる家族を喜ばせてあげられる喜びを知った感激を忘れず、次の目標に向かって新たなスタートを切って欲しいと思います。

高校合格と同時に目標を失ってしまう“燃え尽き症候群”の生徒は2~3割いるものです。

本当の本番は3年後です。

3年後に今日よりもっともっと大きな喜びを味わうように頑張りましょう。

塾にとってはある意味で今日が年度の区切りとなるわけですが、また来年の嬉しい子供らの顔を見るために頑張るとしましょうか。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

■2022春期講習会受講生募集します。
3月24日スタート
先行予約生は申込日から春期講習開始まで全期間を無料体験扱いとします。

■来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」受付中。
さきどり数学・英語講座 2月~3月 各計5回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,200円にペア割!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。

努力が報われる経験を

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

どうかお付き合いください。

****************
努力が報われる経験を
****************

今日で県立高校の入学試験が終わりました。

国語が簡単で英語のリスニングが難しかったという話ですが、自信を持って落ち着いてやってくれたと思うのできっと大丈夫でしょう。

私が信条としているのは大学受験までの一貫サポートです。

高校受験はその通過点に過ぎないですから最後まで気を抜かずに頑張ってもらいたいですが、流石に今日くらいは羽を伸ばしてゆっくりしてほしいと思います。

高校受験も大学受験も合否はあくまで本人の頑張りの結果です。

塾の役割は生徒が頑張れる環境が提供てきるかどうかであり、塾のチラシやテレビCMにある「子供の理解度に合わせた指導」だの「AIを導入したプログラム」だの何の関係もありません。

AIのタブレット映像教材で成績が上がるのなら「塾は要らない」と言っているのと同じです。

使う教材や教え方なんかどこも同じですし、AIとか訳の分からない用語に誤魔化されてはいけません。

どれだけストレスなく快適に長時間勉強できる環境を生徒の都合に合わせてヒューマンタッチで提供できるかが最重要ポイントなのです。

生徒らを見ていて間違いなく言えることは、“継続は力なり”ということです。

例年、国立大学合格者は全員が遅くとも中学生から真面目にコツコツ通い続けてくれた生徒です。

中には小学校1年生の時から実に足掛け12年も通ってくれた生徒もいます。

こんな無名な塾でも信頼して通ってくれ、実績に繋げてくれたことに本当に感謝です。

少子化で大学は全入時代と言われ、お金さえ出せば誰でも大学生にはなれます。

でも、子供たちの人生で本当に大事なものは実は大卒の肩書ではありません。

私は自分の努力が報われた経験だと思っています。

その経験が自信となり、どんな苦境に落ちても自分を支えてくれるのです。

長い人生、誰にも様々な苦境が訪れます。

それを乗り越えるために一番大事なものを子供らに与えてあげようではありませんか。

人生は苦しい事ばかりで涙が出るほど嬉しい経験は滅多にありません。

その一回の貴重な経験をさせてあげて欲しいのです。

県立高校受験が終わった今日、「努力が報われる経験をさせてやる」こそ親が子供に残せる最高の遺産だと改めて思う塾長でありました。

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
春期講習会2022開催します。
3月24日スタート
新中1生対象「さきどり中学講座」も好評実施中!
お申込みの方は春期講習会無料優待!「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!

怪しい情報にご注意

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

どうかお付き合いください。

****************
怪しい情報にご注意
****************

今日もテレビを付ければ朝から晩までウクライナウクライナです。

この前まであれほどうるさかったコロナはどこへ消えたのでしょうか。

もともとコロナは本当にあったのだろうか?いてもただの風邪だったのではないだろうか?
なんて説がもしかしたら正しいのかもしれません。

改めてこの2年間のコロナ騒動を通じて私たちが学習したのは「メディアの言う事を鵜のみにしてはいけない」ということです。

ウクライナの戦争も心理戦とか情報戦と言われており、メディアの流す情報が本当かどうか私は疑いながら注視しています。

SNSをちょっと覗けば、ウクライナとされる映像が実は昔の別の国のものだったり画像を加工したものだったりすることがどれだけでも出てきます。

さて、今年も受験シーズン真っただ中になりました。

お隣韓国や中国では学歴が子供の一生を決めてしまうので受験戦争は苛烈を極め、全国小中学生の半数が塾通いしているそうです。

韓国や中国では、「スタートラインに一刻でも早く立てた者が勝ち」と言われており、親は子供の将来のために財産を注ぎ込むというわけです。

日本もコロナ禍やらウクライナ情勢やらで将来の事情が読めませんし、「塾に行かせた方が良いのだろうか?」が悩ましいでしょう。

学年トップクラスの生徒が全く塾には行っていないのはよくある話ですし、驚くほど授業料が高い個別指導塾に通っているのに全く成績が上がらない生徒も多いのが実情です。

塾に通えば、成績アップが保証されていれば悩むことはないのでしょうが、費用対効果が読めないのでは二の足を踏んでしまいます。

私が自分の経験で見るところ、割合的には子供は以下のように分けられます。

A 塾に行かなくても上位成績を維持できる生徒は約10%

B 塾に通っても成績が下位のままの生徒は約30%

C 塾に通えば成果が出る可能性の高い生徒は60%。

つまり子供がABCのどのタイプになるか次第です。

Aタイプは一言で言えば、小さい時からの家庭環境や啓発を受ける経験で成長した自立タイプですから、にわかにどうこうできるというものではありませんが、BCタイプの子供でも自立型に変わる姿はよく見ます。

もっとも、Aタイプの生徒は自ら塾に進んで行こうとしないのが普通ですが、大学受験まで視野に入れた長期的視点での考え方も出来れば良いかと思います。

Bタイプになる原因は、遊び仲間とツルめる“楽しい”塾選びを子供にさせてしまう親のミスが大きく影響します。

元々あまり勉強が好きではないのにこれでは成績が上がるはずもなく、残念な3割に入らないためにも塾は親主導で選んであげてください。

この時期、塾通いをさせた方が良いかどうかお悩みの場合は、ほとんどが6割を占めるCタイプです。

塾だって子供に合う・合わないがありますし、嫌がるようなら辞めさせたって塾を変えても全然構わないはずです。

ところが宣伝では調子のいい事を言いながら、一旦行ったらやめにくい縛りを掛けているところもありますから要注意です。

コロナやウクライナではありませんが、塾探しも怪しい情報に惑わされず正しく見極めることが大事だと思います。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
春期講習会2022開催します。
新中1生対象「さきどり中学講座」も好評実施中!
お申込みの方は春期講習会無料優待!
「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 茗溪進学会 All Rights Reserved.