皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
関心は最高の情報アンテナ
****************

熊本の震災がなかなか収まらないのは本当に心配です。

先が見えない被災者のストレスは大変大きなものがあると思います。

とにかく一日も早い復興を願うのみです。

 

先日、東京大学の入学式で五神学長が祝辞の中で「新聞を読もう」と言ったそうです。

ネット全盛時代、テレビとネットで世の中の情報は何でも分かると思っている人はたくさんいます。

ネットは便利ですが、事実は分かっても、裏に隠れた本質や問題解決のための考察が全く解りません。

私もなるべく時間を作って活字を読むようにしています。

今日は硬い話ですが、私が新聞を読んで最近勉強したことを自分の考察を含め書いてみます。

 

熊本の震災で米軍のオスプレイによる救援物資の輸送が行われました。

救援物資が末端まで行き渡らないことに苛立ちを覚えた安倍総理が決断したものだそうです。

震災被害のニュースに隠れてあまり大きく報道されていませんが、大きなニュースだと感じます。

日本とアメリカの安全保障に密接に絡む問題が含まれているからです。

安倍総理には米軍をうまく利用した被災者の支援と世論を味方に誘導する巧みさを感じます。

中国が海洋進出を強め、北朝鮮がミサイルや核兵器の開発をすすめており、東アジアの安全は戦後かつてなく揺らいでいます。

アメリカでは大統領候補のトランプ氏だけでなく、保守派を中心に日本の核武装を容認する論調が高まっています。

ネットで分かるのはせいぜいここまで。

「東アジアの緊張問題の背景とあなたの意見を述べなさい。」なんていう問題が大学入試に出たらどうしますか?

スマホでネットだけ見て世の中分かっているつもりになっていては手も足もでませんよね。

 

アメリカの本音は「国内景気の問題もあるし、シェールガス革命で原油の輸出国にまでなったアメリカは遠い東アジアで有事が起こってもリスクは小さい。ま、そん時は日本に頑張ってもらえばいいじゃん。あいつらは核を持ってもアメリカまで撃ってはこないだろう。」というところでしょう。

日本でも「アメリカがそう言うんなら渡りに船だわ。日本も核武装すりゃいいじゃん。」という意見も出てくるでしょう。

日本はIAEA国際原子力機関の理事国であると同時に核拡散防止条約加盟国です。

核物質の管理はIAEA憲章が定める「保障措置」を受け、軍事転用できないよう厳しい査察を受けています。

原子力発電所の多い日本は世界一厳しい査察を世界一多く受けています。

わかりやすく言えば第二次大戦の戦勝国以外の加盟国は「原発」か「核兵器」かどちらか一つしか持てないのです。

日本が核武装するということは様々な国際条約を根本的に否定することになります。

それは到底できませんし、仮に無理やりやったとして、日本は北朝鮮と何も変わらない国になってしまいます。

結局とりあえず今の段階では日本が取るべき道はアメリカとの同盟関係強化以外に道はないということになります。

5月の伊勢志摩サミットではオバマ大統領が広島を訪問するだろうと言われています。

謝罪は期待できないにせよ、核を含む日米安保の新しい姿をどのような形で声明に出すのか非常に注目されています。

つまらない政治のニュースでも予備知識を持って聞くのとそうでないのでは面白さが違います。

どうせ聞くなら面白く聞いた方が得ではないでしょうか。

ちょっと関心を持つだけで色々な情報が入って来ます。

関心こそが情報のアンテナになるのですね。

子供たちには関心を持っていろんなキーワードを深堀してもらいたいと期待します。

では、また。☆彡

********************
塾長ブログはアメブロでも同じものをアップしています。
アメブロ会員になって読者になると更新情報が届きます。

ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。
では、また。☆彡