皆さんこんにちわ。

茗溪進学会塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
過ちとは過ちを改めないこと
****************

男子バドミントンのエース選手二人が違法カジノ店で賭博をしていたというニュースがありました。

ほぼ手中にしていたリオ五輪という夢舞台への道は閉ざされることになる見込みだということです。

スポーツはルールに則って正々堂々と行うものであり、その規範となる選手がこのようなミスを犯したことは残念でなりません。

仕方ないと思う反面、何とかしてやれないのかって思う人も多いと思います。

 

私の好きな孔子の論語に

「子曰、過而不改、是謂過矣。」
子いわく、過ちて改めざる、これを過ちという。

というのがあります。

意味は「過失を犯して、改めないことがほんとうの過失というものだ。」

というものです。

人間なんだから過ちを犯さない人なんか一人もいません。

私の人生なんか過ち100%です。 😉

過ちを繰り返しながら成長して行くのが人生ではないかと思うのです。

逆に言えば人は失敗したりピンチに陥ったときに成長できるチャンスということです。

人間、反省のないところに成長はありません。

それを改めようと努力することが一番大事ということですね。

社会性が未熟で経験の浅い若い選手が思わぬ大金を手にしてこのような過ちを犯してしまったとも言われています。

将来ある若い人が過ちを認め繰り返さない気持ちを持つのであれば、私はもう一回だけチャンスを与えてあげてもいいような気がします。

私の考え甘いでしょうか。

では、また。☆彡

********************
塾長ブログはアメブロでも同じものをアップしています。
アメブロ会員になって読者になると更新情報が届きます。

ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。
では、また。☆彡