皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
自家用車がこの世から消える日
****************

「将来コンピューターに取って代わられてしまう仕事」という特集記事をよく見かけますし、以前私もここで取り上げたことがあります。

子供たちが進路を選択するときにはTCT技術の進歩を見越すことが大事だということですが、そんな想像すら遥かに超えたスピードで進化が進んでいるようです。

それはAI「人工知能」が神の領域に踏み込みつつあるからです。

人間の積んだ経験値をデータ処理するだけであれば、機械は人間を超えることはできませんが、機械が自ら新しい知恵を創造する機能を持ち始めているのです。

宇宙の法則や神の法則などと言うと「あの人何かの宗教にでもハマったのでは?」なんて思われそうですがそんな話ではありません。

人間の能力を超えた機械が人間の代わりをするということです。

%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%88%e6%97%a5%e7%94%a3今、人工知能の応用が実用化されつつあるのが車の自動運転です。

矢沢永吉がハンドルから手を放して「やっちゃえ、ニッサン」と言ったり、自動ブレーキなどの衝突防止機能がほぼ装備されるようになっているのが今の自動運転技術です。

「機械は誤動作もあるから不安だよね~」なんて思うのは今までの話。

近未来のAIは神の領域です。

空を群れ飛ぶ鳥同士が決して衝突しないのは、もともと空を飛ぶ動物に神様が仕組んだ衝突防止システムがあるからです。

車が衝突するのは神が人間が自動車を運転する設計にしなかったからです。

もし車同士が鳥のように相互の位置関係を瞬時に認識してコントロールするなら衝突事故は起こる道理がないわけです。

つまり一番危険なのは「人間」であり、近い未来には人間は車の運転が禁止され、個人で自動車を所有することも無くなります。

もはや「FUN TO DRIVE」どころではありません。

自家用車も不要になるわけで、自動車メーカーが良い給料だからという単純な理由で就職先を考えると大変なことになるかもしれませんよ。

完全自動運転のバスや鉄道だけの公共交通だけになるとしたらそのとき生き残れる仕事は何か?

どんな業界であれ、人工知能の飛躍的な発展を考え先を読むことが求められる時代なのです。

ホント若い人は大変ですね。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
2学期中間試験対策特訓実施します。
【対象】中学生全学年
【開催日】10月7日午後7時~9時 提出物完成会
10月10日(月・祝)模擬試験(的中率で自信あり!)
10月11日~13日の間で6時間講習
【料金】4,000円(塾生紹介で半額優待)
詳しくはホームページのお知らせから。
お気軽に参加ください。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。