皆さんこんにちは。
富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
自分の軸を持つ
****************

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の2回目の首脳会談は結局、物別れに終わりました。

金委員長は「米国との対話を継続する」としていますが、今後トランプがどうするかは北朝鮮次第ということです。

核を手放す気がないくせに制裁緩和と経済支援を引き出そうと言う幼稚な考えに乗るとすれば、アメリカはよっぽどアホな国だと私は思っていましたが、交渉の達人トランプは、全部お見通しだったのでしょう。

自分の軸をぶらすことなく最後は席を蹴って退場したのは、なるべくしてなった結果です。

また、このことを受けて、お隣韓国の文在寅大統領は3.1独立運動「三・一運動」の記念式典で、慌てて反日路線から親和路線に舵を切ったと思えるような発言をしています。

朝鮮半島の二つの国はどのみち信用できる相手ではありませんし、日本はとりあえず今はアメリカに従う路線の軸をぶらさないのが一番間違いがないのでしょう。

「軸をぶらさない」というのは実は私たちの生活でも大事なポイントです。

一度決めた信念は簡単に変更すべきものではありません。

ぶれない自分軸を持つということは、

1.何か決める時に決定する基準があるので迷わない
2.自分の体験を学習することができる
3.発言に一貫性を持てるので、説得力がある
4.自分に必要なものだけ選び、不必要なものは排除できる

いかがでしょうか。

自分の軸を持つと自分自身の信頼性が上がり合理的な生き方ができるので成功の近道を歩くことができるのです。

逆に自分の軸を持たず、ぶれる人は成功からも遠いということです。

例えばレストランのオーダーメニューがなかなか決められない人なんてのは、案外自分軸を持っていないからなのかもしれませんね。

受験で言えば、最初から志望校をしっかりと決め、その目標に向かって努力している子は結果も良いものです。

ところが直前まで受験する学校が決まらない生徒はあまり結果も芳しくない気がします。

自分の軸を持つと人生が豊かになるのは明らかです。

今回の米朝首脳会談の結果は日本としては一安心というところでしょうが、ニュースを見ながら改めて自分軸の大事さを認識した塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
2019春期講習会の好評受付中! 新中1生対象「さきどり中学講座」も好評実施中! お申込みの方は春期講習会無料優待! 「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント! 2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!
********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。 よろしくお願いします。