皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
自分にも誠実に
****************

P1150188-1024x768祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

『平家物語』冒頭部分です。

ある新聞社の調査によると内閣支持率が危険水準といわれる30%を切ったそうです。

世間では既にポスト安倍で動き出しているそうで、盤石と言われた政権も崩れ出すとあっけないものです。

まさに祗園精舎の鐘の声です。

原因は総理周辺の人たちを含め、「人格が信用できない」と感じるからだそうです。

真相を誤魔化しているとしか思えない答弁や、傲慢不遜な物言いがこれだけ続けば不誠実を感じても仕方ありませんね。

昔から世の中は「嘘つき世渡り上手」という言葉のように、嘘をつくことに長けている人ほど世渡りが上手で、「正直な者が馬鹿をみる」というように正直者は損をすると言われます。

一方で「正直は一生の宝」とか「正直の頭に神宿る」という諺もあります。

皆さんはどちらが正しいと思いますか?

嘘をついて要領よく生きていくほうが、苦しくても正直に生きていく信念を持つことより簡単です。

私は嘘のつけない性格なので、いつも損をしているような気がするのですが、世の中、嘘を平気でつける人が案外たくさんいるものです。

長い目で見ると、嘘つきは目先の得はしても、正直に・実直に生きている人が最後は得をする人生を送っているように感じます。

もちろん正直・実直なのは他人に対してだけではなく、自分自身に対しても大切なことです。

立てた目標に向かって誠実に努力する姿勢がそうであり、生徒にとっては一学期の反省を踏まえた夏休みの目標がそれに当たるのではないかと思います。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2017受付中。
講習会受講生は第2回英検(受検日10月9日)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
※英検3級は塾生受験者9名が二次試験全員合格!
中3に残されたあと1回の英検受検チャンスを見逃すな!

「ブログ見た」で夏期講習会教材費2,000円OFF(小~中2は実質教材費無料)となります。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。