皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
腹を決めましょう
****************

先週から、私立高校や私立大学の合格発表が続いています。

今日は県立高校の推薦入試の合格発表がありました。

茗溪進学会はお陰様で幸先よく、今のところ全員合格の報告を受けています。

高校受験ですが、今年の富山第一高校の場合は平均点は124点前後で、例年より若干高い点数でした。

例年通りそのラインが特進と総合の分岐点になったものと推定されます。

最近は詳細なデータが入手し辛いのですが、独自に得た情報で分析すると県立高校の受験校の目安としては概ね以下のようになるような気がします。

中部・富山…155点以上(上位600番以上、S特)
東・魚津…145点以上(上位1100番以上 A特)
南…135点以上(1500番以上 B特)
北部・いずみ…125点以上

といった感じではないかと私は見ます。

今年からS特志望は事前申告と扱いが変わったので必ずしもS、Aだけでの判断は出来ませんが、目安にしてみて下さい。

イメージですが、今年は上位層が厚く、わずかの点数の差でも順位が大きく違うのが特長です。

少なくとも進学高校を受験する場合は小さな取りこぼしが致命傷になることになるわけです。

例年おなじですが、160点以上取れる地力のある生徒は今回も下振れしていないので、上位校を目指す人は1点2点の争いになります。

富山と中部は累計で600人ですので、点数が155点を下回った生徒で上位校受験をする生徒は絶対に油断禁物、決死の覚悟で残り3週間を頑張りましょう。

毎年言ってますが、ここまで来たら腹を決めるしかありません。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

新中1生対象「さきどり中学講座」好評受付中!。
2月スタートコースを募集中です。
「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。