皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
継続は力なり
****************

「ソフトバンクグループ」の子会社で携帯電話会社の「ソフトバンク」が、株式を上場しました。

IPOの公募価格は一株1500円で、市場から調達した額は2兆6000億円あまりと、過去最大だそうです。

株価は今日の終値で1,296円ですから、ざっと投資家は2日間で3400億円の損失を受けたことになります。

株価がいくらになろうが会社は投資家にお金を返す必要がないのが写真の連中がニンマリしているわけです。

お金集めが上手な人はとことん上手ということでしょうか。

私の携帯はY!というソフトバンク系キャリアですが、好んでこれにしたわけはなく、古い古いKDDポケットのPHS時代からの流れでそうなっただけのことです。

先日の通信障害は私も不自由でしたし、信用がなくなったのはよくわかります。

株は“自己責任”ですから株価のアップダウンは仕方ないとはいうものの、今頃さぞ後悔している投資家も多いことでしょうね。

そんな年の瀬ですが、株に縁のない塾長は今週から冬期講習会と忙しくなります。

普段は短い冬休みの講習会に受講申込する人はあまり多くないのですが、今年はちょっと様子が違います。

今年は普段を超える受講希望者から申込を受けているのですが、その多くが過去に夏期講習会の受講生だったり塾生だったのに一旦退校してしまった生徒が多かったのです。

話を聞けば「夏期講習会の後の夏休み明け試験の結果がとても良かったのですが、成績がどんどん下がって行ってしまったから。。」みたいな生徒ばっかりです。

私に言わせれば「そんなの当たり前だろ。後悔するのならなぜそのまま塾に入って続けなかったの?実にもったいない話だが、今気が付いただけ良かったよ。」ってところです。

夏休にはガッツリ徹底的に演習させますから間違いなく成績はアップします。

取った点数は確かに自分の実力には間違いありませんが、問題はそれを維持するための習慣まで身に付いたかどうかです。

一時的に点数が良くてもそれは力がついたわけではないのですが、多くの生徒は勘違いします。

「力」というのは「努力を続けることができる力」であって、続けなければ貯めた貯金などあっという間に無くなってしまいます。

一生懸命努力すれば「継続は力なり」ということを分かってもらえるはずですからそういう生徒は人一倍一層発破をかけて頑張らせたいと思います。

子供らには、配当率が5%だの孫正義の戦略がどうのと屁理屈をつけて努力もしないであぶく銭を期待した挙句、損して青くなっているより、努力が報われる世界で頑張ることの尊さを理解できる人になってもらいたいと思います。

ソフトバンクの連中の不愉快なニンマリ顔を見て本気で携帯会社を変えようかと思う心の狭い塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
冬期講習会先行受付開始!
2108冬期講習会は12月21日スタート!!
来春中学へ進学する小学校6年生の方必見
「中学さきどり講座」は12月冬期講習会から開講します。
さきどり英語講座 12月~3月 計12回
さきどり数学講座 2月~3月 計5回の全17回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,000円にペア割!
さらに
「中学さきどり講座」にお申込みされた方は冬期講習会(小学生4時間コース)無料招待

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。