皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
科学的総合的立体的な見方を
****************

テレビをつければ新型コロナの話題ばかりだ。

感染症の専門家が「今が稼ぎ時」とばかりに煽り立てているように見える。

車の煽り運転は厳罰化されてるのにコロナ煽りはやりたい放題だ。

新規感染者が2千人を超えたという数字だけを聞くと怖く感じてしまうが数字と言うのは見方次第で全然解釈が違う。

日本人は情報洗脳されやすい国民だから、毎日この調子では本当に経済が危ないことにならないかと気が気でない。

番組はあくまで視聴率稼ぎと割り切った上で、様々なデータや意見を冷静に勉強して、自分なりの信念と生活スタイルを持つべきだと思う。

そもそも人間はこの世に生まれた以上死は避けられない運命にあるが、現実をデータで見てみよう。

日本では毎年130万人の人が何らかの死因でこの世に別れを告げる。

死因別の死者概数を順に並べると以下になる。

1位 がん    37万人
2位 心疾患   21万人
3位 老衰    11万人
4位 脳疾患   11万人
5位 肺炎    10万人
6位 誤嚥性肺炎 4万人
7位 不慮の事故 4万人
8位 腎不全   3万人
9位 認知症   2万人
10位 アルツハイマー2万人
11位 自殺   2万人

数字だけを冷静に見てみると何かが見えてくる。

5位の肺炎にはインフルエンザをこじらせて亡くなる人が2万人以上含まれているし、7位の不慮の事故の中には、餅を喉に詰まらせて亡くなる高齢者が3千人含まれている。

11位の自殺者だがこの夏以降、例年に比べて毎月500人以上増加しており、雇用情勢が悪化してさらに増えるのは間違いない。

一方、日本で新型コロナで亡くなったのは累計2千人とのことだ。

騒ぎ過ぎと言っている専門家もいるが、同調圧力的な空気の中では分が悪い。

新型コロナ死亡時年齢の平均が79.3歳で、通常の死亡年齢は平均して81.5歳だそうだ。

平均より2年ほど早いが原因別では決して若いわけでもない。

餅を販売禁止にしたほうが原因別の死者数は減らすことができる理屈だがそんな議論はどこにもないのは、餅を販売禁止にしたところでその3千人がどこかに振り分けられるだけのことで意味はないからだ。

私は決してコロナ対策不要論者でもないし軽視しているわけではないが、近視眼的な見方ではない科学的総合的立体的な見方に切り替えていかないと、いつまで経っても視聴率稼ぎの番組に煽られる非日常が続くということを申し上げたいだけである。

おりしも今週は中学校で2学期の期末試験をしている。

今日も明日の試験勉強に多くの中学生が勉強に来ている。

中3にとっては内申点が決まる最後の試験なので頑張ってもらいたい。

今の中3は一生の思い出になるべき修学旅行やいろんなイベントが中止になったのが可哀想でならない。

この学年は近視眼的ではない科学的な見方を学習してもらい、この1年間の経験を今後の人生に活かしてもらいたいものだと願う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
2020冬期講習会 12月25日(金)より開講
受講生募集中!