皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
真のインフルエンサーになれ
****************

先日、富山駅前でマクドナルドのチョコパイを1,500個配るという人間が表れて大騒ぎになったというニュースを見ました。

何を目的に18万円もの買い物をしてばら撒いたのかわかりませんが、今の世相を表す出来事ということなんでしょう。

新聞の写真を見ると集まっているのは高校生が多いように見えます。

私たちの中高生時代は、知らない人とのコミュニケーションは基本的にご法度でしたし、ましてや知らない人から食べ物をもらって食べるなどということなどあり得ないことでした。

You tubeを見ると、「宝くじを100万円買ってみた」とか「アルミホイル250m叩きまくってみた」とか再生回数欲しさにナンセンスな動画をアップしている人がたくさんいて、ナンセンス度もアップしているような気がします。

去年の流行語大賞に「インフルエンサー」というのがありましたが、インフルエンザなら知ってましたが、インフルエンサーとは知らないので調べてみたら、この類の人たちでした。

本来インフルエンサーとは“人々に影響を及ぼす人物”を言うそうですが、流行語的にはSNSや口コミサイト、ブログなどの中での有名人のことを指すのだそうです。

話題となる情報発信を生業として、カリスマ的な人気を博して大稼ぎする人もいるということです。

調べてみたらyou tubeのヒカキンTVに「お菓子10,000個ブチまけてみた」てのがありました。

パクリですね。

私が怖いと思うのは、こういう動画ばかり見ていると常識と非常識の境目が無くなってくることです。

中高生らは毎日安易にスマホでこのような動画を見るうちに、いつの間にか頭の中で非常識と常識がボーダレスになってしまっているような気がします。

わずか1個120円のマックのチョコパイは怪我をするほど先を争って貰うものではありませんし、もしかすると毒が入っているかもしれないなんてことは考えないのでしょうか。

私に言わせたら道端に落ちているものを拾って食べる行為と大差ないのですが、群がった高校生らの頭の中はネットに毒されてもはや常識の判断すらつかない状態ではないかと思うのです。

最近「将来なりたい職業はyou tuber」という小学生が多いと言う話を聞きましたが、このような衆目を集めるだけの下らないことはして欲しくはありません。

本当の意味のインフルエンサーとは社会貢献で世の人たちに影響を与える人物のことです。

そんなにチョコパイが食べたければ私が勉強したご褒美に食べさせてあげますから、そんな騒ぎに付和雷同せず、しっかりと足元を見てするべきことをしてもらいたいと思う塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」は12月冬期講習会から開講します。
さきどり英語講座 12月~3月 計12回
さきどり数学講座 2月~3月 計5回の全17回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,000円にペア割!
さらに
「中学さきどり講座」にお申込みされた方は冬期講習会(小学生4時間コース)無料招待

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。