皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
本番に強い子供の親の特長
****************

突然ですが、あなたの回りに「見栄っ張りだなぁ」って思う方はいませんか?

忙しそうな立ちふるまいや強がりな物言い、持ち物や車はブランド志向・・みたいな方。

見栄っ張りな人は自分を身の丈以上に見せようと背伸びしている状態です。

自分に自信が無いので周囲の目を気にする心の現れです。

傍目に見て格好良く見えないのですが、実は本人はそれが分かっていないのです。

心理学者の研究ではこういう人は往々にしてよく失敗し、後悔することが多いそうです。

なぜなら自分の弱みを包み隠そうと一生懸命になる気持ちが優先するため、いざという場面で実力が発揮されないからです。

いわゆる“本番に弱いタイプ”ということですね。

子供たちはこれから高校受験、大学受験、就職試験、昇格試験・・と果てしない競争社会が続きます。

幸せな人生を勝ち抜くには「本番に強い」という要素はとても大事です。

親の姿勢や心の状態は子供に少なからず影響します。

見栄っ張りな親の子供は本番に弱い見栄っ張りに育ってしまいます。

親の見栄で子供の学校を選んでいるのでは肝心の本番が危険です。

本当の意味で自分にプライドを持ち、誇り高い人間は他人の目など気にしません。

矜持ある、高潔な人の子供が本番に強いのです。

要は気の持ちようです。

私も今日からでも気を付けてみたいと思います。

見栄というのは本来「見得」という字で、歌舞伎役者がここ一番のクライマックスで取る「決めポーズ」のことです。

ですからミエは「切る」ものであって「張る」ものではありません。

ここ一番で格好良く切りたいものです。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

5月20日から中学生対象の中間試験対策特訓実施します。
一年のスタートダッシュは中間試験から!!

********************
塾長ブログはアメブロでも同じものをアップしています。
アメブロ会員になって読者になると更新情報が届きます。

ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。