皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
振り替え休日に塾をサボる生徒について
****************

昨日は先週土曜日の体育大会の振り替え休日でした。

当然塾は通常開校していますが、毎年この日にはサボる生徒が必ず何人かいます。

友人と遊ぶのに忙しいのと感覚が日曜日のままということでしょう。

遊んでいるのが理由なのでバツが悪くて連絡もしてこないのはまだまだ子供です。

今年は3人いました。

皆さまこういう場合は親の役割をどのように考えますか?

中学生以下の場合ですが、私は子供が塾に行く日(曜日)を把握し、必要に応じて指導するのは最低限の親の役割だと思います。

日を把握していないというのはまずもってなっていませんし、知っていて放任あるいは指導ができない立場であればさらに事態は深刻です。

「無理強いして切れられたり、勉強嫌いになってしまうのが怖い」というご父兄がいらっしゃいますが、そのようなご心配は無用です。

決められた日に決められた場所で決められたことをするのは当たり前のことです。

そのような価値観を躾として日ごろからしっかりと教育していないので立場が逆転してしまうわけです。

要するに親が子供になめられているわけですね。

親をなめる子供に将来はありません。

塾に行く日なら行って帰るまで食事を与えないくらいの覚悟を持って頂きたいと思います。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
9月から定着用プリント学習システム「eトレプリント道場」開始します。
【対象】中学生全学年
【料金】eトレプリント道場(1コマ90分/毎土曜日)  6,850円
塾生のオプションの場合は1コマワンコイン500円
※9月は導入お試し期間として無料優待します。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。