皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
心の隙に用心
****************

サッカーワールドカップの決勝トーナメントで日本は惜しくもベルギーに敗れ、8強入りを逃しました。

夜中の試合を観戦して今日は寝不足という人も多いと思います。

私は3時に起きて観戦するほど熱心ではありませんが、この歳になると自然に夜中に目が覚めることが多く、昨夜もたまたま4時に起きてしまったので後半戦から観てしまいました。

率直に言って、世界ランク3位のベルギーと日本の力量の差は大人と子供ほどあったように感じました。

それでもここまでやれたのは実に立派です。

「たられば」で結果論を言ってもしょうがありませんが、私は2-0になった後の戦略が曖昧でその隙を突かれたように感じます。

前回のセネガル戦での消極的な姿勢が非難されたのが影響したのか、「もっとイケるぞ」という心の隙があったのかもしれません。

2点をリードされたベルギーは最低2点入れに来るしかない背水の陣だったわけですから、どうしてもっとディフェンシブなシフトが出来なかったのかが分かりません。

終盤ならお得意の「パス回し」ということもできたのでしょうが、この時間帯の大量リードの状況は西野監督の想定外だったのではないかと思います。

いずれにせよ、このような貴重な経験を重ねて一層成長してくれることを祈るとともに、努力することの大切さを教えてくれた西野Japanには感謝したいと思います。

 

さて、期末試験の結果が返されつつありますが、成果はどうでしたでしょうか。

一般的な傾向として、中間試験で頑張った生徒は期末試験で反落することが多いものです。

原因は単純。「油断」の一言です。

山王さんで糸が切れ、暑さでぼーっとする時期、十分な対策が打てないままうっかりと気が付いたら期末を迎えてしまったという生徒は多いと思います。

テストのたびに焦って上がり、油断して下がるを繰り返す傾向のある生徒は気持ちの持ちようが甘いわけです。

しかし逆に言えばそんな生徒は気持ちの持ちよう次第で上がり続けることも可能ということです。

心の隙に用心なのは勉強もスポーツも同じですね。

サッカーはオフェンスとディフェンスでやることが違いますが、勉強は同じですから難しく考える必要はありません。

サッカー日本代表の活躍を見て、また気持ち新たに頑張ろうと思う塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

夏期講習会2018先行受付実施中
講習会受講生は第2回英検(受検日10月)対策「英検必勝道場」受講無料招待!!
※中3生は定員につき募集停止しています。中2は残り枠2名(お急ぎください。)

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。