皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
心の経験値をつけよう
****************

森友学園への国有地の売却問題について、財務省が公文書を改ざんしていたという大きな問題が世間を騒がせています。

この騒動もどこかで「落としどころ」があるのでしょうが、何が悪いとか誰が犯人とかといっても結論の出ない話です。

もともと詐欺師みたいな男にまんまと担ぎあげられた総理夫人を忖度して、官僚が掟破りの裏ワザを使った結果、嘘を嘘で塗り固めて行かざるを得なかっただけの話であって、ある意味官僚も担がれた政治家もいい迷惑な話です。

因果関係は表向きは証明されたわけでもないのですが、自らの命を絶った人がいたことに心が痛みます。

残された家族の悲しみは想像もつきません。

人生どんなことがあっても命あっての物種ということを最近痛感することがあったので、余計に悲しく思うニュースです。

真面目で仕事一筋の人だったと言いますが、逆にこんなタイプに限ってまさかの逆境に出会った時に心が折れやすいと言います。

官僚の世界だけでなく、民間の会社でも理屈に合わず、納得できないことに出くわすことは多いものです。

特に高学歴で優秀な人ほど組織の理不尽さを痛感することが多いのではないでしょうか。

子供たちは毎日勉強して受験に挑戦し、少しでも高みを目指しますし、私はそれを応援することが仕事です。

私がこんな悲しいニュースを見て思うことは、子供たちにとって必要な学習とは学科の勉強だけでなく、人生で出会うであろう折れそうな時にどう心を強く持つかを学ぶことでもあります。

先週、高校受験が終わりましたが、さっそく高校で習う勉強を先取りに塾にやってくる中3生もたくさんいる一方で、緊張の糸が切れたまま毎日ゲームに惚けているのか一度も顔を見せない将来が心配な中3も何人かいます。

最近は対戦型ネットゲームがヒマつぶしの定番らしいのですが、私が30年前に買ったのが任天堂のファミコンです。

スーパーマリオだのドラゴンクエストだので多少は遊んだ経験がありますが、ドラクエの中に“経験値”というあまり見慣れない言葉がありました。

主人公の「えにくす」が敵と戦うごとに経験値がもらえてレベルが上がるというものです。

この「経験値」こそが心を強くするキーワードなのではないでしょうか。

仕事でもスポーツでも勉強でも色んなことに興味関心を持ってチャレンジすることが経験値の獲得の条件となります。

当然様々な組織や泥臭い人間関係の中で理不尽な思いや挫折を味わうこともあるでしょうが、そんな経験値を積むことで心も強くなってゆくのです。

先日、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長と会談する意向を表明し、世界中が驚きました。

当然、リスクが大きく、先の読めない展開に懸念がある一方、私はこの判断は実業家として成功したトランプ氏が自らの経験値獲得の千載一遇のチャンスと捉えた独特の感覚だと思います。

リスクを恐れず新たなものにチャレンジして経験値を積み自分を磨こうとする姿勢が吉と出るか凶と出るか楽しみに見ています。

子供たちも間違っても逆境でポッキリと折れてしまって家族を悲しませるような人間にはなってもらいたくないものです。

森友学園問題やら北朝鮮情勢やら何かと騒がしいテレビを見ながら自らも経験値をつまなければならないと考える塾長なのでありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
2018春期講習会の好評受付中!
新中1生対象「さきどり中学講座」も好評実施中!
お申込みの方は春期講習会無料優待!
「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。