皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。
****************
年をとっても勉強が必要
****************

サミットやオバマ大統領の広島訪問も無事成功裏に終わりました。

政教分離が原則のはずが伊勢神宮で首脳のそろい踏みがあっさり実現したり、広島訪問ではオバマ大統領が被爆者とハグするシーンがあったり何もかもが安倍さんの思惑通りに運んだようで、つくづく運の強い総理大臣だと思います。

景気は経世済民であり政治頼みではいけないのですが、この際安倍さんの強運に任せてみようかと言う気分になってしまいます。

 

ニュースを見ていたら話題は一気に夏の選挙にからむ政局モードになっています。

熊本地震が発生した時は衆参同時選挙は見送りという見方が強かったものの、喉元過ぎればなんとやらな雰囲気になっています。

人の噂も七十五日とは言いますが、考えてみたら熊本地震からまだ一月半しか経っていないのに何となく昔のことのように感じてしまうのはそれだけ時代の流れが早いと言うことでしょうか。

それとも私が歳を取ったということでしょうか。

人間、歳を取ると月日の流れるのが早く感じると言われます。

これは「ジャネーの法則」と呼ばれ、時間の心理的長さは年齢に反比例するというものです。

歳を取るということはそれだけ人生経験が多いということになります。

人生経験が多ければ多いほどその知識で処理できるようになります。

その分、心で感じる新鮮さや印象が薄くなるため出来事の数が少ないつまり「時間が短い」と感じるというわけです。

しかしせっかく経験の積み重ねが増えたのに、年を取る早さを早く感じるのはつまらない話です。

常に人間は刺激のある新しい経験を積みながら生活するほうが充実した人生を送れるということです。

幾つになっても勉強は欠かせないということですね。

では、また。☆彡

********************
塾長ブログはアメブロでも同じものをアップしています。
アメブロ会員になって読者になると更新情報が届きます。

ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。