皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
少年よ大志を抱け
****************

photo0000-0323史上最年少のプロ棋士、中学3年生の藤井聡太四段が、歴代単独2位となる記録公式戦の連勝記録を25まで伸ばしました。

この驚異的な中学3年生の活躍で今、将棋教室が流行っているそうです。

実は4年前に茗溪進学会では土曜日に「将棋教室」なるものを開設したことがあります。

テレビゲーム漬けの子供たちの頭脳トレーニングには将棋がピッタリだと私の思いつきで始めたものですが、あんまり受講生が集まらないので1年でやめてしまいました。

「私の発想に今頃時代が追い付いてきたか。」なーんて勝手に自画自賛しております。

もう一度やってもいいのですが、「流行の尻馬に乗ってやがる」なーんて言われたくありませんし、ブームとは去るものですからやらないことにしましょう。

どうしてもしたい人は塾に将棋盤と駒は腐るほどありますのでいつでも教えて差し上げますよ。

 

さて、その藤井四段のオリジナル扇子のネット販売が開始後、わずか数秒で完売したそうです。

藤井四段の揮毫した「大志」の二文字が印刷された税込み2268円の扇子はネットオークションで2万円以上の値段が付けられて取引されているそうです。

大志とは「大きなこころざし。将来に対する遠大な希望」です。

大志と言えば、明治9年にアメリカから呼ばれて札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の初代教頭に赴任したクラーク博士が農学校1期生との別れの際に言った『boys be ambitious』という言葉が有名です。

「少年よ大志をいだけ」と訳されていますが、諸説はあるもののその続きの文もあるそうです。

“Boys be ambitious like this old man! Be ambitious not for money or selfish aggrandizement ,
not for that evanescent thing which men call fame . Be anbitious for the attainment of all that a man ought to be .”

少年よ、この老人のように野心家であれ。しかし、金や名声を求める野心であってはならない。
人間としてあるべき すべてのものを 求める大志を抱きたまえ。

Boysは老若男女すべてを意味します。

ブームに乗っかってオークションで小金儲けしようという志の低い人になることなく、塾生たちにはスケールの大きな志を持って努力してもらいたいものだと改めて思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
期末試験までわずか!
中間試験の悪かったそこのあなた。
諦めるのは茗溪進学会の体験授業を受けてからにしよう。
期末試験対策受付中

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。