皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
家庭内10のタブー
****************

14601014695_30cfe1972d秋の到来とともに受験シーズンが到来します。

塾と言えども生徒あっての経営ですから夏休み前までは生徒募集が頭の中の半分を占めるのですが、ここから半年は受験指導が頭の大半を占めるようになります。

今頃校門前でチラシをまき散らしてゴミで近所迷惑をかけている非常識な塾もありますが、私は地域の皆様に選んで頂ける塾になるのは結果の積み重ねだと考えています。

特に中学3年生は今からの半年間が運命の分かれ道なので大事です。

多くの親御様は「受験が近くなっても志望校が決まっていない。」「いつまで待ってもやる気のスイッチがはいらない。」とお悩みです。

「親として家庭で何ができるか」と悩んでも実は選択肢はあまりありません。

「何ができるか」より「やってはいけないことをしていないか」と視点を変えてみましょう。

今日は親が即解決できる10の「やる気消滅原因」をチェックしてみましょう。

知らず知らずの間に子供の集中力を損なっている原因が家庭の中にたくさん潜んでいます。

親が自分で解決可能な家庭内の原因を10挙げますから心当たりのある場合は直ちに改善してください。

1.いつも居間のテレビがついている状態にないか

2.食事時などご近所や知り合いの悪口やうわさ話ばかりしていないか

3.子供の前で夫婦喧嘩をしていないか

4.父親のいないときに母親が父親の悪口や軽蔑を言っていないか

5.嫁姑の仲が悪く、家の中がもめていないか

6.親が日常的に子供の前でタバコやアルコールを過剰に依存していないか

7.親がパチンコや競輪競馬などギャンブルにのめりこんでないか

8.食事は外食、インスタント食品やファストフードが多くないか

9.家庭内で挨拶、返事する習慣がないのではないか

10.親に読書する習慣がないのではないか

一見子供の成績とは無関係に見えますが、全て専門家の調査結果で因果関係が証明されています。

これらを見ていて気が付くのは子供の精神衛生上の影響が集中力に与える影響が大きいということです。

子供の集中力にお悩みの方は特に2~5に該当することがないかチェックしてみましょう。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
2学期中間試験対策特訓実施します。
10月7~9日

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。