皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
塾は親の精神安定剤にあらず
****************

最近、「個〇指導塾」へお子様を通わせているというご父兄からの相談をよく受けます。

おっしゃることは判で押したように皆さん同じ。

「家では勉強しないので、塾に通わせているのですが、全く成績が上がりません。」

高い月謝を払って、送り迎えまでしてやっているのに・・と、やるかたない気持ちが伝わってくるようです。

その塾を選んだ理由を聞くと、「ウチの子はよその子について行けなさそうだから・・」とか「先生にじっくりと教えてもらえそうだから・・」という理由がほとんどです。

当たり前のことですが、塾に通わせる目的は「成績アップ」それしかありません。

ところが子供を塾に通わせてさえいれば安心し、子供はそれ以上勉強しなくてもいい免罪符になってしまうことが落とし穴です。

塾も塾で、キャッチコピーはチラシだけ。成績を上げる本来の目的などそっちのけで生徒の奪い合い合戦に一生懸命です。

私も全ての生徒の成績アップはお約束できません。

しかし、少なくとも親御さんの負託に応えることが使命だという自負はあります。

成績アップの条件を極論すれば、成績アップ=意識×演習量 という方程式になります。

わずか1コマ80~90分を週に1回か2回で、どこまでのトレーニングができるというのでしょうか。

私も昔、別の塾で個○指導を担当したことがありますが、責任感ゼロのバイト学生と楽しそうにおしゃべりだけして時間を過ごしている子供をいやというほど見てきました。

その点、茗溪進学会に来ている中3生の多くは、ほぼ毎日、しかも一日5時間くらい通って必死に演習に取り組んでいます。

学校から直行して勉強して一旦家に帰って食事をしてからまたやってきて勉強する子もいます。

家で勉強する習慣が身に付いていないのであれば、その分は塾で頑張ってもらうしかありません。

成績というものはそのくらいやらないと、とてもではありませんが簡単に上がるものではないのです。

チラシやCMで調子いいことばかりいう個〇指導塾もどうかと思いますが、わずか1コマ80か90分程度の授業を週に1、2回通わせるくらいで成績アップするのなら、世の中苦労する人など誰ひとりいないでしょう。

「高いお金を払っているのだから成績を上げてもらって当たり前」という考え方を持たれるのは無理はありませんが、成績はお金で買えるものではありません。

厳しいことを申し上げましたが、それが現実というものです。

 

さて、いよいよ中学では来週から期末試験が始まります。

中3は泣いても笑っても内申書が決定する最後の定期試験です。

内申点の重要性が年々増してきている事情を考えたら、中1中2の方は成績アップを今から真剣に考えてあげて下さい。

塾は親御さんの精神安定剤ではないということにお気づき頂ければ幸いです。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
■2学期期末試験対策特訓実施します。
11月25日(土)
※中2,3は定員に達していますので募集しておりません。中1生のみ募集します。

■来春中学へ進学する小学校6年生の方必見!!
「中学さきどり講座」は12月冬期講習会から開講します。
さきどり英語講座 12月~3月 計12回
さきどり数学講座 2月~3月 計5回の全17回
スムーズに中学生の勉強がスタートできると毎年大好評の企画です。
月謝:3000円(税、教材費別途)
2名様以上でお申し込みされた方は2,000円にペア割!
さらに
「中学さきどり講座」にお申込みされた方は冬期講習会(小学生4時間コース)無料招待

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。