皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
取れるか過半数
****************

df8a893628e8f12d0687decbf1f64c77衆議院選挙の途中ですが、争点が無い選挙と言われていた割には関心が高いようです。

18才以上に投票権が与えられた若い人の関心が高いのは良いことです。

投票率が低いと自民党に有利で投票率が高いと不利となる傾向があるらしいので投票日の天気も大事なんだそうですね。

天気に関わらず政治を考えて参政権を行使する真面目な人は自民党派ということなら、投票に行楽気分で行くような非自民派は不真面目な人が多いということになるということですが、そうなんでしょうか。

国難と言われている時期だけに、ここは真面目に考えて投票したいものですね。

そんなこともあってか、報道では自民党が単独過半数を取る勢いだと言われています。

多数決=民主主義かどうかの議論はともかく、「過半数」というのは議会制民主主義では絶対です。

過半数と言えば茗溪進学会でも今、「過半数取れるかどうか」で注目しているものがあります。

地元中学の中間試験で中3の数学の試験で100点満点を取った生徒の過半数を当塾で取れるかどうかというささやかな“戦い”に注目しています。

100点が学年で7名いたと先生が発表したそうですが、現時点で当塾から3名おり、あと1名で過半数となるのです。

問題を見ると、基礎学力を試す問題が多く難問奇問はありません。

日頃からしっかりと勉強しておれば、高得点が取れるテストであり、ケアレスミスに注意すれば100点も狙える内容です。

100点は惜しくも届かなかったにしても、ほとんどの生徒が目標より高い点数を取れ、入試に向けてマインドに弾みをつけてもらえていると思っています。

来月は内申点が決まる最後の期末試験がありますので、気を緩めることなくしっかりと指導を継続します。

選挙の結果はどうなるか分かりませんが、自民党も単独過半数を取っても慢心することなくしっかりと行動を続けてもらいたいと思った塾長であります。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
11月18日(土)数学検定実施します。
申し込みは10月18日(水)まで受け付けます。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。