皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
反省のある者には進歩がある
****************

日本ハムの清宮幸太郎がデビューから6試合連続安打を達成しました。

ドラフト制以降の新人では原辰徳氏らに並ぶタイ記録だそうです。

「プロで通用しない」とか陰で言われていましたが、大したものです。

ある野球解説者が「清宮は自分の前の打席の内容と投手の癖をよく分析し、それを次のバッティングに生かしていることが結果に表れている。」と言ってました。

過去を振り返って次に活かすという姿勢は大事ですね。

流通評論家の故吉田貞雄さんの「夢」という有名な詩のフレーズに「夢八訓」とも呼ばれているものがあります。

「希望のある者には目標がある」
「目標のある者には計画がある」
「計画のある者には行動がある」
「行動のある者には実績がある」
「実績のある者には反省がある」
「反省のある者には進歩がある」
「進歩のある者には夢がある」

夢を持ち、計画を立てて一生懸命努力しているにも関わらず結果が伴わないということはよくあります。

私はこの中で「反省」というプロセスが意外に盲点になっているのではないかと考えます。

「反省」と言うと、“反省ザル”の反省だけではなく、良かったことも含めて総括・評価することです。

どれだけ大きな夢や目標を持ってもこれが欠けていると成長できません。

さて、4月の中教研試験の結果がほぼまとまりましたが、去年の中教研試験結果を調べたら、こんなブログを書いていました。

++++++++++
(昨年5月15日のブログより)
前略~
ちなみに当校の中3塾生の今回の中教研の平均点は310点を超え、中2までに塾通いを始めた生徒の平均点は330点を超えています。

個別に内容を見れば決して満足ゆくものではありませんし、塾として猛省しているところですが、「なんとかあと一年発破をかけ続ければご父兄様のご期待に沿える形にできるレベルに来たのかな」と感じています。
~後略
+++++++++++

この学年の高校受験の結果は以前にご紹介した通り概ね満足できる結果を残せたのではないかと思っています。

今年の中3生の平均は309点と何とか昨年並みまでもってこれたので、昨年の指導を総括し、良かった点、悪かった点を今年の受験生にも生かすようにしたいと考えています。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

新学期生募集中
次は中間試験に向けて頑張ろう!
1学期中間試験対策特訓体験生募集します。
5月19日(土)開催!