皆さんこんにちわ。

茗溪進学会塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
出るか卍固め
****************

アメリカ大統領予備選挙が熱くなっています。

選挙は民主主義の公平な制度だし、我々日本人はアメリカの投票権もありません。

成り行きを見守るしかありませんが、安全保障まで関係するとなると気になりますよね。

共和党候補のトランプ氏は「メキシコ国境に壁を作らせる」とか「イスラム教徒を入国禁止にする」とかおよそ実現不可能な物言いをしています。

どんな暴言を吐こうがさらにそれが人気を増やすような結果になっています。

 

アメリカ生まれのエンターテインメント型スポーツにプロレスがあります。

昭和40年代は土曜日のゴールデンタイムにTVの生放送をやるくらいの人気でした。

時のヒーローはジャイアント馬場、アントニオ猪木でしたが、彼らの活躍に無くてはならないのがヒール役つまり“悪役レスラー”です。

ブッチャーとかデストロイヤーみたいなレスラーですね。

悪役レスラーが椅子を投げつけ、チェーンを振り回し、パンツに隠し持った凶器で額から流血する姿に老いも若きも日本中が異常に熱狂したのです。

かく言う私も大のプロレス好きで若いころはわざわざチケットを買って見に行ったものです。

「天竜&鶴田VS長州&谷津」なんてね。いやー最高に興奮しましたねー 😈 。

塾では塾長は元プロレスラーということになっています。リングネームはマイティ澤木。ストロング小林とタッグを組んでいたが、マクガイヤーブラザーズ戦で事故で相手を死なせてしまったので引退した。ということに一応なっています。

もちろん信じる子供はいません。というか誰も話を聞いてくれません。 😥

 

何の話でしたっけ?

そうトランプ氏でした。

トランプ氏は言ってみたら格差社会が広がるだけ広がって、若者中心に閉塞感でどうしようもないアメリカに現れた悪のヒーローみたいなイメージですね。

「こんな社会なんかブチ壊せ!」「そうだそうだ!!」みたいな感じですかね。

最近日本も「格差社会」なんて言う人がいますが、アメリカの格差に比較すれば小さいものです。

上位10%の人が持つ資産の比率(分配率)調査によれば、日本は48%と公平さは世界2位で、アメリカは75%だそうです。

ちなみにロシアは85%なんだそうです。社会主義国のくせになんでこうなるんでしょうね?不思議です。

とある説ではアメリカでは1%の人が富の80%近くを持っているというものもあります。

アメリカという国はエリートのイメージが強いですが、私たちが想像する以上に貧困層や知的レベルの低い人が多く、これらの多くの人の怒りの爆発がトランプ氏躍進につながっていると言われています。

トランプ氏を当選させまいとお金持ちエリートたちが躍起になればなるほど逆に支持が集まってしまうのですが、お金持ちも貧困層も一人一票だけは公平ですからこればっかりは仕方ありません。

プロレスだったら最後は猪木の卍固めでギブアップなんですが、しばらく目が離せませんね。

では、また。☆彡

********************
塾長ブログはアメブロでも同じものをアップしています。
アメブロ会員になって読者になると更新情報が届きます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/meikei-semi/
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。