皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
勉強する本当の目的とは
****************

少し前の話ですが、今年のマスターズはタイガー・ウッズの2度目の復活で持ちきりでした。

数々の怪我やスキャンダルに見舞われ、一時は再起不能と言われたタイガーウッズが「スポーツ史上最高のカムバック」と言われる復活劇を見せたのが2019年でした。

あれから僅か3年で死んでいてもおかしくない自動車事故から奇跡的な復活劇を見せてくれたタイガーという人はどれほど強運の持ち主なのかと感心してしまいます。

タイガーを「立派」とか「素晴らしい」とか言ってしまうのは簡単ですし、その人並み外れたセンスや本人の努力も凡人には想像できない世界があるのでしょう。

人は努力することの大事さをタイガーウッズに学ぼうとしますが、彼ほどの才能を持った人は何千万人いや何億人に1人もいないものでしょう。

私は別の観点の彼に何を学ぶか考えました。

私はタイガーが二度も復活できたのは間違いなく彼の中にある自信の賜物だと思います。

「自分はこれだけやれた選手なのだ」という自負やプライドが無ければ到底無理だったでしょう。

苦しい時に心の支えになってくれるのが“自信”なのです。

ささやかなものであっても「自分はこんなことができたのだ」「やればできるのだ」という気持ちが自分を支えてくれるのです。

長い人生、色々あります。

混迷を深める現代、子供たちは人生で苦しい思いをすることが山ほど待ち受けているはずです。

他人は誰も助けてなんかくれませんし、国なんか全くあてになんかなりません。

自分を支えてくれるのは自分しかいないのです。

私が生徒らに「自立しろ。」「目標を持て。」「遊んでないで勉強しろ。」と言うのは、良い学校に行って、良い会社に就職して、良い暮らしをするためではありません。

自分が努力して手にした成功体験の証を1つでも掴んで欲しいからです。

最後に自分を支えてくれるのは、「自分はここまでやれた」という誇りと自信です。

私は勉強する究極の目的はそれだと思っています。

足の骨はまだボルトで固定されているということで、深くかがむこともできないながら立派に復活してくれたタイガーウッズの姿に自信のパワーを改めて知る思いの塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
新年度生募集中!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。