皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
努力かコネか
****************

沖縄副知事先日、沖縄県の県教育委員会が、副知事から教員採用試験で特定の受験者を合格させるよう口利きがあったことを認めて辞任するという報道がありました。

本人は「事実はない」と言っているらしいですが、やましいところがないのなら辞める必要もないはずです。

何ともオカシイ話ですね。

また、同じく先週、文科省が早稲田大学に高等教育局長の天下りを斡旋していた問題も発覚しました。

文科省から学校法人に再就職した元職員は過去にも多く、国家公務員法が禁じた在職中の求職活動が常態化していた可能性もあるそうです。

安定志向の学生の中には公務員や教員採用試験を目指す人も多いでしょうが、学力だけでいかんともしがたい側面もあることはあらかじめ覚悟しておいたほうがいいかもしれませんよ。

これらのニュースはいずれも内部告発によるスクープですが、私は勝手に「氷山の一角」だろうなって見ています。

当たり前で古典的なものであっても今回問題があるのは、それが文科省や教員採用といった子供の教育に関わる行政機関でこのような不公正が横行していることです。

教員採用試験や公務員試験、天下りなんぞは“コネ”で決まるお手盛りだとすれば本当に真面目に勉強するのがバカバカしくなってしまいます。

そんな疑いの目で見だすと先生が努力の大切さを説いても説得力がないのではないかと思ってしまいますよね。

公務員は生涯安定した既得権益を獲得された方ではありますが、私は人間、努力することが報われる世界で成長を目指すことが幸せのキーだと思うのですがいかがでしょうか。

私は子供たちにはコネなどに頼ることなく、自分の力で努力し、世界で活躍する自立した人間に成長してもらいたいものだと願っています。

稀勢の里の横綱昇進とはコントラストのある気分の悪いニュースでした。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

新中1生対象「さきどり中学講座」好評受付中!。
2月スタートコースを募集中です。
「塾長ブログ見た」で教材費を値引きプレゼント!
2人以上でお申込み頂ければペア割制度もあり!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。