皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
備えあれば憂いなし
****************

立て続けの台風襲来で日本列島水浸しである。

家を追われ避難所の冷たい体育館の床で寝るのは高齢者にはさぞ辛いだろうと思う。

防災立国を標榜する日本だが、毎年恒例行事のように毎年繰り返されるのはどうしてだろうか。

その理由は簡単。

災害は“起こる”が前提ではなく、“起こらない”が前提になっているからである。

自然災害の少ない富山県民などは家が流されるのはテレビの中だけの光景で、自分の家は流れないと考えている。

私もその一人だ。

「災害はいつどこで起きても不思議ではない」と口では言うが、心の中ではそうは思っていない。

しかし痛い思いをすると少し考えが変わるものだ。

10年位前に家内が軽四でガード下に溜まった水に突っ込んで動けなくなったことがあった。

幸い大事には至らなかったが、パニックになって電話してきたときはさすがに慌てた。

そういう事があって以来、念のためガラスを割る専用のハンマー(写真)を買って車の中に置いている。

人はこういう事でも無い限り準備はしないものである。

今回の台風被害では車の中から脱出できず亡くなった人が多かったので、おそらく今頃はガラス割りハンマーは品切れ状態だろう。

どんなことでも起こってからでは遅い。

勉強も普段からしっかりと準備しておくと困らないものだ。

備えあれば患いなしとは良く言ったものだと改めて思う塾長だった。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。