皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
偽善も善
****************

001_size6昨日の「24時間テレビ」の視聴率はずいぶんと高かったらしいですね。

私もついついブルゾンちえみのマラソンに見入ってしまいました。

「やらせ」だの「偽善」だの素直に見れない人も多い割に高い視聴率だったのは何故でしょうか。

私も普段はくだらないお笑い番組には興味はありませんが、誰でもなんでも真剣に努力する姿は尊いものです。

私は実は25年くらい前に、KNBに貯金箱を持って募金に行ったことがあります。

それがたまたまテレビに映ってしまい、陰で「偽善者」みたいに言われたことがありました。

それ以来そういうことはしないことにしました。

でも、最近何かで吉田兼好の「徒然草」に触れる機会があり、自分の考え方が間違っているように感じたのです。

徒然草の第八十五段に、こんな話があります。

「狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。驥を学ぶは驥の類ひ、舜を学ぶは舜の徒なり。偽りても賢を学ばんを、賢といふべし」

というのがあります。

「狂人の真似をして大通りを走れば、それは狂人であり、悪人の真似をして人を殺せば、その人は悪人である。偽りでも聖人の真似をして善事をなせば、その人は聖人である」

という内容です。

つまり動機がどうあれ、善を成せばそれは善なのだと兼好法師は言っているわけです。

善とは何か?という議論があって、実は善の定義は難しいものらしいのですが、そんなことはこの際どうでもいいのです。

何でも最初は物真似から始まります。

一流の芸人であれ学者であれ、師と仰ぐ人の物真似から始めてそれを自分のものにしてゆくと言います。

何かを極めたければ、まず目標とする人の真似から始めればいいということです。

ちなみに90キロ走って崩れなかったブルゾンちえみのメイクも彼女が尊敬してやまない世界のコシノジュンコの物真似なんだそうですね。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
第2回英検(受検日10月9日)対策「英検必勝道場」受講受付中!!
2学期生受け付けます。8月いっぱいは無料体験扱いとします。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。