皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
信じて頑張ればいいことがある
****************

bat_takasago01m_170126-ogp_0夏期講習会が無事終了しました。

天候不順な夏で、ご父兄様の送迎も大変だったことと思いますが、ご協力に感謝です。

例年のことですが、長丁場の夏休みはどうしてもお盆明けの後半がダレてきます。

後半は2学期の予習や休み明け試験対策などやりたいことがたくさんあって、ダレてる暇はないのですが、どうしてもモチベーションが維持しにくいものです。

しかしほぼ全員、規定時間をクリアし、多い生徒は120時間も通って勉強してくれましたのできっと大きな成果が出てくることを期待したいと思います。

 

さて、北朝鮮ミサイルの報道に紛れてしまいましたが、八尾のにいちゃんこと琴ケ梅から22年ぶりに富山県出身の幕内力士「朝乃山」誕生のニュースがありました。

明治時代ですが富山県出身に太刀山と琴ケ梅という大横綱がいます。

朝乃山の山は同じ呉羽出身の太刀山から取ったそうです。

太刀山の一突き半(ひと月半)で相手を突き飛ばす豪快な相撲は「45日の鉄砲相撲」と言われ、歴代最強の力士を一人挙げるなら信州出身で伝説の「雷電」と並んで「太刀山」を挙げる人も多いそうです。

モチベーションと言えばこの朝乃山も必ずしも一直線だったわけではありません。

呉羽中学では練習の厳しさから部活動も長続きしなかったりと、体は大きいもののけっこうヤワなタイプだったそうですが、高校、大学と良い師に巡り合ってモチベーションを維持しながら力を伸ばしたということです。

高校時代の先生も今の高砂親方も近畿大学出身の縁であり、このような大学の縁が気持ちの中で大きな力になったわけです。

人間は弱いもので、誰かの助けがないとなかなかモチベーションは維持できないものです。

でも人と人の縁とは不思議な必然性があるものです。

出会った誰かを信じてついてゆく気持ちが大事ということではないでしょうか。

私も生徒から師と仰がれるよう精進しないといけません。

9月から相撲を観戦する楽しみがまた増えました。

大いに頑張って地元を盛り上げてもらいたいものです。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇
第2回英検(受検日10月9日)対策「英検必勝道場」受講受付中!!

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。