皆さんこんにちは。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。

読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。

****************
今が将来の分岐路
****************

安倍総理のSNSに自宅でくつろぐ様子の動画が投稿されて世間が騒いでいます。

総理は犬を抱いたり飲み物を飲んだりして「皆さんのこうした行動によって多くの命が確実に救われています」など外出自粛を呼び掛けています。

世間の声は評価をする声もある一方、批判的なものが大半です。

好意的に受け止める人と批判的に受け止める人の差は、「生活の心配度の差」そのものです。

政治家や公務員、年金暮らしの老人など収入が減る心配のない人たちは素直に共感できるかもしれませんが、明日の生活が見えない人から見れば、「コロナに感染して頭がおかしくなったのか?」「補償も決めず、何たる無神経さ!」となるわけです。

言いたいことを伝えるのは難しいですね。

気が付けば富山市は市民病院の集団感染などもあり、対岸の火事として見ていられない状況が迫ってきました。

私は明日の生活保証がない自営業者なのは元々覚悟の上なので、政治に生活を頼る考えはあまりありません。

「世の中は無常。いつ何が起こるか誰も分からない。文句を言うのならその道を選ぶな。」と思うものの、自分の経営責任ではない要因で悲鳴を上げている人は無数にいるのです。

他の国を見ているとどうも日本だけが補償など何も決まらないのは大いなる問題であることは間違いありません。

安倍さんも総理である以上、国民を安心させるメッセージを発信しないといつまでも「感覚がずれている」と言われ続けるでしょうね。

いずれにせよ私たちは“世は無常”を心し、将来を想定し、準備をしておかなければなりません。

もちろん目先の買い溜めや買い占めに走ることではなく、5年とか10年先のことです。

今、学校が休みになって学習格差が広がることが最大の懸念と言われます。

私は教育現場の混乱が長引けば長引くほど子供たちの格差が拡大し、今の対応次第では将来に禍根を残すことになるような気がしてなりません。

こんな時こそ差をつけるチャンスとしっかりと勉強している人はいます。

東京都の小池知事は学習塾をライブハウスやナイトクラブと同じ「3密業種」に名指ししました。

そもそも小池さんの言う「学習塾」が広義の学習塾なのか狭義の学習塾なのかもハッキリしないし、狭義にしても旧態依然とした3密塾もあれば、そうでない塾もあります。

今のコロナショックこそ私たちの将来を決める分岐路であり、無常の世を生き残る術が試されているのだと思う塾長でありました。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

■コロナでの学校休校対策は茗溪進学会にお任せください!
教科書準拠の映像教材を自宅配信+スクーリング授業で完全フォローします。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。