皆さんこんにちわ。

富山市山室の学習塾「茗溪進学会」塾長の澤木です。
読んでためになり、子供たちが幸せになるヒント情報を発信します。
どうかお付き合いください。

****************
アクティブラーニングねえ
****************

昨日は神通川の花火大会でした。

私が小さいときは高い建物もありませんでしたので、市内のいたるところで自宅前の道路に椅子を出してウチワやらすいか片手に楽しんだものです。

毎年8月1日に行われるこの花火大会は、昭和20年の富山大空襲で犠牲になった2700人の鎮魂と平和を願うため、昭和22年より行われている特別な行事であり、そこらでよくある町おこしの夏祭りではありません。

そんなことを知ってか知らずか中高生たちは勉強そっちのけで走って行きます。

一人の塾生曰く、「リア充見せびらかされてめんどくせー」とのこと。

どうもイマドキの中高生の言葉についてゆけません。

まあ遊びの機会が少ない富山ですから山王さんとこの日だけは目をつぶるとしましょうか。

 

さて、今日の新聞の見出しトップは中教審の次期指導要領改革のニュースでした。

小学校で英語が正式教科になるとか高校の教科体系が変わるとか、ICTの導入とかが骨子ですが、私が一番注目しているのは小中高から「アクティブラーニング」を導入するという点です。

知識をインプットするだけの学習ではなく、討論などで自分の意見を表現する能力は社会のグローバル化に対応するための能力として大学入試や企業の採用面接で最も重視するポイントです。

自分の意見をまとめ、正確に相手に伝えるということは非常に難しいことです。

豊富な情報や語彙力、正確な文法能力は勿論のことですが、他人ときちんとコミュニケーションが取れる心の姿勢自体がおろそかな人が多いように感じるのは学校教育より家庭教育の問題が大きいのではないかと思います。

私は学校教育は知識教育に絞ってもいいと思うくらいですが、最近の子供らの意味不明な会話を聞けば仕方がないような気もします。

「リア充うぜー」も結構ですが、正しい日本語できちんとした会話ができる子供になってもらいたいものです。

では、また。☆彡

◇◇◇茗溪進学会ニュース◇◇◇

今からで夏期講習会の受付OKです。
2人以上でお申込み頂くと2人目以降は半額とします。

さらに「塾長ブログ見た」で夏期講習会教材費を値引きプレゼント!
※小学生~中2まで全額値引き、中3は2000円値引きとします。

********************
ご意見やご質問なんでもお気軽にお寄せください。
よろしくお願いします。